ホワイトデーのお返しで子供向けには文房具が人気の理由と文房具以外のおすすめ

ホワイトデーのお返しで子供向けには文房具が人気の理由と文房具以外のおすすめ

 

ホワイトデーのお返しで子供向けには文房具が人気!お返しの意味

今回の記事は、母である筆者が思いを込めて書きました

小学生にあがると、子供の友達関係もぐっと変化が見られるようになります。

少し前までは男女分け隔てなく遊んでいたのが、

気がつくと自然と同性同士のグループが出来上がります。

それは成長の証であり、性別により体格差から身体能力の違いと現れ始め、

それが異性と認識する時期に通ずるのかも知れません。

 

だって何十年も前になりますが、私にもそんな時代がありました。

女の子同士で集まっておしゃべりしたり、おしゃれな髪型や小物を持ち歩いたり、

交換日記をつけたり…。

そんな中で誰が好き?なんてちょっとした恋ばなしていた時期。

 

バレンタインデーには友達と約束し、母親と手作りしたチョコを渡す機会を伺い、

反対に男子は当日何だかそわそわしていた記憶があります。

筆者が母となった今。子供のそんなドキドキな1日を応援し、手助けする側になるのですが…。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ena matsuzaki(@enamatsuzaki)がシェアした投稿

ホワイトデーのお返しで子供向けはなぜ文房具が人気なのか

手助けする側で困るのが男子の子を持つママ!

女の子の場合ですと「チョコレート」とメインのものはブレなし。

手作りでもトリュフなどチョコのバリエーションの中より、

どれを作るかを子供と相談するだけでOKです。

しかし、男の子の場合はそうはいきません。

貰ったお礼に渡すプレゼントを用意しなければなりません。

そう!貰ったらお返しする日、ホワイトデーが後に控えているんですもの。

貰ったらお返しするのが、昔からある日本のモラルのようなものなのですが、

このお返しがまた難しいんですよね。

チョコのお返しにお菓子はどうかと思っても学校に持っていっていいものか?

相手の女の子のお菓子の好みはどんなのか?

チョコをくれてお菓子で返すより品物の方が喜ばれる?

でも物といっても今の小学生の女の子に、どういったものをプレゼントすべきか…。

男の子を持つママとしては、意外にも同年代の女の子の流行りや好みには疎いもの。

どれがいいか。

と悩んだ際に行き着く先として「文房具」をセレクトするママが多くいらっしゃるようです。

でも何故そこまでにお返しの品として「文房具」が人気なのでしょうか?

その理由が気になり調査してみました。

Advertisement

お返しに「文房具」を選ぶ理由

ホワイトデーのお返しで子供向けには文房具が人気!お返しの意味

予算が限られている。

まず大前提としてお返しの予算が限られていることにあります。

お返しの相場と言えばチョコと同等ぐらいの価格設定であり、

さらに子供のお小遣いとして出せる500円から800円ほどの金額になります。

ですので、高すぎる高価なものはNG!

チョコをくれたママにも気を使わせてしまう恐れも出てくるからです。

あくまでも男の子自身が女の子のために買うプレゼントであり、

親の私たちは影に隠れてサポートに徹することが大切です。

勇気を出して女の子はあなたのお子さまにチョコを渡したはすですよ。

「適当に買っておいて!」何て言う息子には説教しましょう♪

お返しのお菓子にも意味が込められているため。

チョコを貰ってお返しにお菓子でも問題ないでしょ♪

なんて簡単に決めてはいけません!

何でって?ママなら知っているはず!と言いますか、気にしていたはずです。

お返しに渡すお菓子には告白の返事の意味が込められていると言うことを…。

 

サクッとお返しで選ばれやすいお菓子の3つをここで、

意味と合わせてご紹介したいと思います。

・クッキー

見た目もバリエーション豊富で、

パッケージも缶や可愛い包装紙にくるまれているものが多く選ばれやすい一品。

金額的にも良心的で物によればお小遣いでも充分に購入可能です。

しかし、クッキーには「友達」という意味が込められており、

告白した女の子は折角貰ったお返しもショック!

義理か本命なのかそれとも友達としての友チョコなのか?

わからない場合はお返し候補から外すのがベターです。

・キャンディー

こちらも味からデザインから色々な物があり、

お値段もピンきりで販売されています。

保存もきくためいいかも…。と思っては大間違い!

実はホワイトデーのお返しの返事としては「好意」という意味があるんです!

共に両思いであればお返しにしても問題ないのですが、

息子にそんなつもりがなかったとしたら大変!?

息子の気持ちに相手の子の気持ちもわからないのであれば、

避けておくのがよいかと思います。

・マシュマロ

白くふわふあのマシュマロはパッケージに入ってても可愛らしく女の子に喜ばれそうな商品に思えます。

ですが悲しいことにマシュマロの持つ意味は「嫌い」。

勇気を出してくれたかもしれない女の子に対し、

マシュマロをお返しに送るなんて、

第三者から見ればかなりひどい仕打ちをしてしまう恐れだって!?

どうです?よくプレゼントに選ばれやすいお菓子3つをあげましたが、

他にも同等に該当するお菓子がたくさんあるようです。

参考 しあわせの気持ち

ホワイトデーのお返しで子供向けで文房具以外のおすすめはコレ

しかしお返しで送る文房具にも限界があるようで、

小学生の低学年で喜ばれていたものの高学年にあがると、

女の子にはちょっと物足りなさを感じる時期に入ります。

女の子は年齢を重ねるにつれて、

ファッションやメイクなど持ち物よりも見た目など装いに興味が移るからです。

 

そんな女の子には文房具よりももっとオススメの品物があるんですよ♪

さぁそれはどんなものなのか?ここで少しご紹介したいと思います。

シュシュやリボンなどのヘアアクセ

高学年ともなるとおしゃれが気になりはじめるお年頃。

あれこれ自分を可愛く見せようと女の子は自分磨きしはじめるのですが、

学校に出来るものって限りがありますよね?

そんな際に出来るおしゃれはヘアアレンジです♪

編み込みをはじめいろいろなヘアアレンジがあり、

そんなときにより可愛さを引き立てるのがヘアアクセです。

ゴムや髪留め1つにしても、

ちょっと可愛いものに変えるだけでぐっとおしゃれ度がアップします。

特に好きな男子から貰うと肌身につけておけるので、

嬉しいかと思われます。

ハンカチや手鏡

こちらも女の子のマストアイテムになる身支度セット。

ハンカチは毎日何回も使うものであり

常にポケットや鞄のなかに入っているアイテム。

そんな普段使いのハンカチをレースなどちょっとワンランクおしゃれなものを

プレゼントするだけで女の子も大喜び間違いなしです!

手鏡やコームなどは体育や帽子を被ると

乱れるヘアアレンジを整えるのにとっても便利なアイテムになります。

どれもおしゃれに目覚め始める高学年の女の子に喜ばれる品物だと思います!

プレゼントにばかり気をとられないで!!あくまでも息子のフォローに徹するとは!?

 

ホワイトデーのお返しで子供向けには文房具が人気の理由と文房具以外のおすすめ

息子が貰ったチョコに対して、お返しをしなければいけない。

と思うのは親としては当然のことだと思いますが、

ママが率先して動くのはNGですよ!

何故って?それは女の子の気持ちを踏まえてご紹介したいと思います。

子供が中身のものを知らない。

これ一番やってはいけない事No.1ではないでしょうか。

女の子が息子のことを想ってくれたチョコレートに対し、

同等の物をお返ししても息子がその中身を知らなければ意味がないんです!

 

女の子が欲しいのは息子がその子に対して選んだ物。
なので、出来ればママだけで選ばずに一緒にお返しを買いに行くのが望ましいかと思います。

ラッピングもちょっとした工夫を

お返しのラッピング包装ってお店で頼む場合、

包装紙に包んでシールをペタりが王道かと思います。

お店で頼めばきれいにしてくれるしこれで大丈夫なんておもってないですか?

 

プレゼントは人と同様。第一印象つまり見た目がとても大事なんです。

100円ショップにもラッピング包装に使われる小物も数多くありますので

シールやリボンなどちょっとアレンジするだけで、

もらう側もグッとテンションがあがります。

最後にちょっとした一言を息子に書かせるとなおよし!!なのですが、

なかなかここはハードルが高いかも知れませんね。

まとめ

いかがでしたか?

ママになった今なお、今度は母の立場としてドキドキするバレンタイン♪

どんな女の子が息子のことを好きといってくれてるのか?

また息子は意外にもモテるの?

なんて、親になっても女性は恋ばなが大好きなんです。

ちょっと寂しい気持ちもしますが頑張ってくれた女の子のため、

息子の手を引きよいバレンタインをサポートしてあげてください。
こちらも読まれています↓↓


Advertisement

季節イベントカテゴリの最新記事