入学式でコサージュをつけない人が増えていることについてみんなが知りたいこと

入学式でコサージュをつけない人が増えていることについてみんなが知りたいこと

 

入学式でコサージュをつけない人が増えている

春は進学や就職と新生活が始まる季節と言うと

少しの不安にドキドキの楽しみだと感じる方も多いかと思います。

私も来年には小学校にあがる子供がいるのですが、

入園式時はあまり実感がわきませんでしたが、

幼稚園から小学校にあがると思うと今までよりお姉さん&お兄さんになったなと子供の成長を感じます。

そんな記念になる1日はフォーマルな装いで参列するのですが、悩ましい点が一点。

それがママの胸元につけるコサージュなんです。

 

基本的に入学式など子供が主役のため、あまり華美な装いは避けるべき場ですので、

アクセサリーにしても小ぶりのものやパールなどをセレクトする方がほどんどだと思われます。

なのになぜあんな目立つ胸元にコサージュなんでしょう。

不思議に思うのはどうやら私だけではなく他にもたくさん同意見のママがいるようです。

Advertisement

入学式でコサージュをつけない人が増えている理由

入学式でコサージュをつけない人が増えている

入学式での基本的なママのコーディネートとしてワンピースやパンツ、

ヒザ丈までのフレアやタイトスカートが主流。

まれに粋なママはお着物をお召しになっている方もポツポツ見かけます。

カッコいいと思い挑戦したい気持ち反面に、乱れたり、

動きにくさを考えると私には絶対に無理と着る前より挫折してしまうんですが…。

それはさておき、スーツのコーディネートのバリエーションはある程度の確立があるものの、

昔から今なおもフォーマルスーツを販売するディスプレイのマネキンには

コーディネート例として何体が表に飾られているのでが、

必ずと言ってもいいくらいに胸元にはコサージュがついています。

しかし!実際のところ最近のママたちのコーディネートはスーツのように

少しずつアクセサリーなど小物にも変化がみられており、

コサージュをつけないママも増えてきているようです。

その理由として下の子がいる場合、抱っこする際に小さいお子さまが口に入れてしまう可能性があるなど

さまざまにあるのですが、なによりも「おばさんくさい」と言った理由がママの大半を占めているようです。

 

確かにコサージュというと私もですが、少し年齢層が上の女性がつけているイメージで、

もちろん自分もそこそこの年齢なのですが、まだその域には達していない…。と言いますか、

ぶっちゃけ「ダサい」ですよね…。

コサージュ有り無しの姿で鏡を見ると、やっぱりコサージュ有りの場合では何だか一気に老けた気がして、

付けにくいのではと思ってしまいます。

Advertisement

コサージュをつけない場合のコーディネート

では来年の入学式のコーディネートにて、

コサージュをつけない場合どのような装いがのぞましいのでしょうか?

幼稚園とは違ってあまりママ同士顔を合わせる機会も少なくなるため、

入学式での顔合わせは第一印象にも大きく影響してしまいます。

そこで、気になる回りのママはどのようなコーディネートで入学式に望んだのか!?

ここで数々のママコーデを調査してみました。

●配色

第一印象の中でもパッと目に入ってくるのはスーツのカラーリング。

無難にブラックを選ぶにしても工夫がとっても重要なポイントになります。

特に春は柔らかな朗らかなイメージもありますので、

あまり重い印象を与えないようにするのがおしゃれ上級者♪

ではどんな配色のスーツがあるのかちょっと調べたところ、

単色の場合は、春を思わせる淡いカラーリングが人気です。

淡い色と言うとパステルカラー調を思い描いたママは残念!!

淡い色と言ってもパステルカラーと言う考えは古かったようです。

 

私たちの母親あたりがよく着こなしていた人気のカラーでした。

流行はループすると言えど、今はまだそのトレンドの時代ではないようですね…。

今ですとミルクティーやグレー、スモーキーカラーのピンクやブルーが人気♪

ちょっとくすみが加わっただけで、派手にも地味にもならず落ち着いた印象を与える事が出来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PALIO(@paliobag)がシェアした投稿

●ジャケットのインナー

スタンダードなスーツで参加の場合は、インナーのシャツに一工夫!

ママはフォーマルで着るスーツ。何着持っていらっしゃるのでしょうか?

そこまで着る機会ないのにもかかわらず、一着のお値段が高額でなかなか毎回購入するのは痛い出費です。

 

流行り廃りがないようにスタンダードなものをセレクトしたため、

華やかさが少し物足りないと感じるママや何度も子供たちの入学式に着ることで、

記念の写真が同じ装いにすこし残念なんて感じるママもいるのではないでしょうか?

そんな時には中のシャツを変えるだけでも全然違ってきますよ!!

 

今回のトレンドで「ボウダイシャツ」が人気となっており、

首もとに大きなリボンが有る無いだけでも同じスーツにしてもずいぶんと違ってきます。

他にも襟の有り無しやカラーを変えたりすることで

本当に同じスーツなの?と感じれるほどガラリと変わります。

●小物

アクセやヘアアクセなど小物で華やかにするのもおしゃれママのテクニック♪

コサージュをつけることで寂しかった胸元が華やかになるのですが、

何も華やかにできるのはコサージュだけではありません。

アクセサリーなどの小物を身につけアレンジすることでぐっと華やかになるんです。

例えばネックレスやピアス。パールのもので長めのものをつけることで、

ピアスの場合は耳元で揺れ、ネックレスでは長さを調節したり、

二重や三重と重ねてつけることでコサージュをつけることなく、華やかになります。

そもそもフォーマルな場所で何故コサージュをつけることになったのか!?

ダサいと言ってきましたがこれはあくまでも私の意見であり、

世間では今でもコサージュをつけて式に出席するのがスタンダードという考えも多く、

勿論コサージュをつけて望むママもいらっしゃいます。

しかしこのコサージュですが、そもそもどうしてつけるようになったのでしょうか?

その由来について遡ってみました。

●コサージュの由来

そもそもコサージュとは、フランス語にあるコルサージュが由来になるそうです。

昔のフランスでは貴婦人達がこぞってお祝いの席で小さな花瓶に入った本物の押し花を胸につけていました。

えっ!?と驚くかと思いますが胸元にから香る花のにおいが、

お祝いの席をより華やかでするものとされてきたそうです。

それが年月を経る毎に、飾りとして身につける小さな花束から現在に至る装飾品としてのコサージュとなり、

フォーマルな場での幅広い女性につけられるようになりました。

●コサージュの意味

実はこのコサージュ、由来からわかるように身につけることで

「おめでとう」とお祝いの気持ちを相手に伝える事が出来るのです!

つけたときの意味としましては、相手に喜びを伝える、祝福など表します。

単なるおしゃれとしてでのものではなく、

きちんとした意味が込められていたとは驚きですね!?

まとめ

ただ単にダサいと敬遠しがちだったコサージュでしたが、

そもそもの由来を知り少し見方も変わってきたのではありませんか?

またお祝い席での装飾品ではTPOに合わせてバラバラであり、

派手なものやゴテゴテしたものなどマナーとしてNGのものも存在します。

しかし、全体的にお祝いの席でのコサージュはオールマイティーに使用可能な万能アクセサリーですので、

もしもの時に1つは持っておくとこれから先、もしもの時に活躍すること間違いなしです♪

参考 こまったときさよってって


Advertisement

レディースファッションカテゴリの最新記事