雪灯路(ゆきとうろ)2020情報とバスツアー!定山渓雪灯路|支笏湖氷濤まつり|層雲峡|旭川冬まつり|さっぽろ雪まつり|小樽

雪灯路(ゆきとうろ)2020情報とバスツアー!定山渓雪灯路|支笏湖氷濤まつり|層雲峡|旭川冬まつり|さっぽろ雪まつり|小樽

雪灯路(ゆきとうろ)情報とバスツアー

雪灯路(ゆきとうろ)はどこで見ることができるか悩んでいませんか?

本記事では、北海道内の定山渓雪灯路|支笏湖氷濤まつり|層雲峡|旭川冬まつり|さっぽろ雪まつり|小樽までを紹介します。

ゆきとうろはどこで見ることができるかが知りたい方は必読です

ところで雪灯路(ゆきとうろ)という言葉、聞きなれないですよね。

北海道では、雪まつりやイルミネーションなど冬の有名なイベントがたくさんあります。

雪で作った形の中に、灯を点しして夜を彩ることを雪灯路と言います。

雪灯路はいろいろなところで行われています。

私自身が気に入っているのは、支笏湖の氷瀑祭りですが、

きれいな夜の時間帯に行くと、自宅まで帰ってくるのが遅くなるし、

路面は凍結して恐ろしさがあり、車で行くことへの不安から、なかなか夜の時間は行けていないですね。

そこで北海道で開催される、雪灯路を見ることのできるイベントを集めました。

後半にバスツアーやシャトルバス情報も書きました!

Advertisement

雪灯路(ゆきとうろ)2020情報!駐車場情報や混雑情報もあります

雪灯路(ゆきとうろ)2020情報とバスツアー

雪灯路(ゆきとうろ)2020情報!駐車場情報や混雑情報です

【さっぽろ雪まつり】

雪灯路(ゆきとうろ)情報とバスツアー

有名なさっぽろの雪まつりです。

今年は雪不足で、心配される声も聞かれますが、

毎年立派な雪像を自衛隊、市民の皆さんの力を借りて、完成させてくれます。

大通り会場とすすきの会場は夜になると、ライトアップされ、と素敵な光景を見ることができます。

すすきの会場は、氷の像が多く、美しいものも多いです。

同時に行われる、つどーむ会場へは、車で行くことはできませんが、

子供たちが滑り台なので、楽しめるように工夫されています。

雪を使った会場で遊ぶことを目的としているので、日没ころには、終了してしまいます。

日中は、つどーむ会場、夜は、大通り会場・すすきの会場で楽しまれることをお勧めします。

今年度の開催予定の会場と期間は、
大通会場:2020月2月4日~2月11日(ライトアップは22:00まで)
つどーむ会場:2020年1月31日~2月11日(9:00~17:00)
すすきの会場:2020年2月4日~2月11日(ライトアップ23:00まで ※最終日22:00まで)となっています。

【小樽雪あかりの路を歩く】

 

この投稿をInstagramで見る

 

RETRIP<リトリップ>公式(@retrip_news)がシェアした投稿


札幌雪祭りとほぼ同時期に開催される、小樽でのイベントです。

雪まつりと一緒に訪れようと、道外からいらっしゃる観光客の方も多いです。

メインの会場は、手宮線会場、運河会場ですが、

大小のイベント会場が点在しているので1日では回り切れないほどのイベントです。

天狗山会場は夜景の見渡せるスポットであるので、

小樽の中心街からは少し離れていますが、

美しい夜景と色とりどりの幻想的な灯はとてもきれいだと評判です。

2020年は2月9日(日)~16日(日)の開催で8日(土)に前夜祭が行われます。

開催時間は、17:00~21:00となっています。

運河会場周辺に、コインパーキングがいくつかありますが、

絶対的に駐車可能な台数が少ない印象があります。

夕方以降はとても駐車場を探すのが大変になるので、公共交通機関でいらっしゃることをお勧めします。

【定山渓雪灯路、スノーキャンドルの灯が幻想的に彩る】

 

この投稿をInstagramで見る

 

terumi(@days.710)がシェアした投稿


札幌の温泉として有名な定山渓にある、定山渓神社で開催されます。

入場料金無料で、約30台の無料公共駐車場があります。

毎年恒例のイベントとして、「願いの灯り」は、願い事をしながら、灯を点し雪塔まで、

灯を消さずに運んで、置くことができると、願いが叶うといわれています。

自分の大切な願い事を、雪灯路に託してみるのも楽しそうですね。

願いの灯りは、参加料500円が必要です。

定山渓温泉で人気のお土産など、地元の飲食店の力を借りてスイーツや温かい軽食が用意されています。

開催日程は、2020年1月28日~2月3日 開催時間18:00〜21:00です。

【支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり】

 

この投稿をInstagramで見る

 

RETRIP<リトリップ>国内(@retrip_nippon)がシェアした投稿


2020年第42回を迎える歴史あるお祭りです。

透明度が高いと評判の支笏湖の湖水を使って作った氷の世界はとてもきれいです。

ライトアップされた夜の景色は素晴らしいです。

会場の広さはあまりありませんが、外国の観光客から、たくさんの家族連れ、カップルが集います。

毎週週末と、祝日には、300発の花火が打ち上げられます。

2020年1月24日(金) ~ 2月16日(日)に開催予定で、

開場時間は、9:00~22:00で ライトアップは16:30~22:00の時間に行われます。

花火は18:30からの予定です。

会場は、北海道千歳市支笏湖温泉となっています。

支笏湖温泉駐車場が、冬期間無料で駐車することができます。

札幌から行くと右折になるので、少し入りにくいですね。

お祭りの会場に行くには、入って左奥の支笏湖ビジターセンター川に止めると近くまで車で行くことができます。

支笏湖温泉街の売店などのをゆっくり見て歩きたい方は、駐車場の正面に駐車することがおすすめです。

【旭川冬まつり】

 

この投稿をInstagramで見る

 

ニッポン丸ごと!旅するスイロ(@traveler_sui)がシェアした投稿


旭川冬まつりは、2020年で開催61回を迎えるお祭りです。

大雪像が迫力満点なのはもちろん、夜には、ライトアップされ、

幻想的でロマンティックな雪像を見ることができます。

開催日程は、2020年2月6日~11日、

開催時間は、9時~21時(※最終日は9時~20時)となっています。

札幌と違って、旭川の雪像では、ところどころで色を入れているものがあり、

少し違った雪像を楽しむことができます。

子供達には、巨大迷路や100mもある氷の滑り台などで楽しんでもらうことができます。

その他、フードコートも充実しており、冬マルシェといい、

北海道で有名な30店舗ほどが店を並べておいしいものを提供しています。

そんなフードコートでは、毎年作られるオリジナルのピンバッチを2個以上子乳して見せることで、割引を受けることができるとか。

ピンバッチは、お土産にもちょうどいいですよね。

この冬まつりに合わせて、有名な旭山動物園も夜の開園があります。

雪あかりの動物園といわれており、人気があります。

ホットドリンクのサービスもあり、至れり尽くせりです。

旭川冬まつりの会場では、スペースの都合で駐車場はありません。

【層雲峡温泉氷瀑まつり】

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝日新聞 映像報道部(@asahi_photo)がシェアした投稿


今年度の開催日程は、2020年1月23日〜2020年3月15日 13:30〜21:30

2月4日~2月11日9:00~21:30

その他の日は13:30~21:30となっています。

こちらのお祭りは協力金として500円が必要になります。

いわゆる、入場料に当たるようです。

駐車場は無料駐車場が、用意されています。

会場は北海道上川郡上川町層雲峡 層雲峡温泉にあり、

旭川紋別道上川層雲峡ICから国道39号線を車で25km約30分で着く予定です。

第45回を迎える氷瀑まつりは、石狩川の河川敷で開催され、

滝が凍り付いてできる氷瀑をライトアップし、

川沿いに建てられた氷の像も光に彩られて幻想的な世界を作っていきます。

氷の神玉が鎮座する氷瀑人社への参拝や連日の花火大会などとイベントが充実しています。

タレントさんが参加することや、アイヌ民族の披露や、餅まきなども行われます。

夜の楽しみとして、北の氷酒場(土日祝のみ営業)があり、

各種アルコールはもちろん、子供も酒かすココアなどのホットドリンクもあり、楽しみ方はいろいろです。

Advertisement

雪灯路(ゆきとうろ)バスツアー情報とシャトルバス情報

雪灯路(ゆきとうろ)情報とバスツアー

それぞれの会場へアクセスについて、お知らせしていきます。

さっぽろ雪まつり会場は、札幌市内までの交通機関を使うことで、

あとはスムーズに動けるかと思います。

つどーむ会場へのアクセスは、地下鉄東豊線の終点栄町駅から、毎年シャトルバスが運行されています。

【小樽雪あかりの路を歩く】

小樽市内には大小合わせれば多くのイベント会場が点在していて、1日では周りきれないほどです。

メイン会場の手宮線会場(手宮線跡地にて開催)、

運河会場(小樽運河沿いにて開催)へのアクセスを把握しておきましょう。

小樽の駐車場は少ないので、公共交通機関をお勧めします。

JRを使うと札幌駅から快速列車を利用することで、32分で小樽駅に着くことができます。

小樽駅は改装されており、レトロなつくりになっており、ムードがあります。

運河会場までは、そのまま歩いて、駅前通りを進んでいくことで、

いろいろなキャンドルの照らされながら、たどり着くことができます。

10分ほどの時間もあまり気にならないかもしれません。

天狗山会場は少し離れていますが、シャトルバスが運行していますので、活用されることをお勧めします。

札幌のバス会社中央バスで運行されており、

小樽駅、各ホテル、手宮会場、小樽運河ターミナル、天狗山会場が一つに結ばれています。

料金は、一律大人210円、子ども110円でしたが、増税の影響はあるでしょうか。

詳しい情報は、中央バスのホームページで確認されてください。

\ホテルを探す/
楽天トラベル小樽

【定山渓雪灯路、スノーキャンドルの灯が幻想的に彩る】

定山渓までのアクセスは、札幌市内から、じょうてつバスで、定山渓行きに乗車します。

車で50分程度かかりますから、バスならもっと所要時間がかかることを想定してください。

会場へは、定山渓神社前で下車してすぐにつくことができます。

定山渓温泉街にあるので、定山渓温泉に一泊することを兼ねて、出かけることも楽しそうですね。

温泉の宿泊先で送迎のバスの運行があることもあるので、一泊で行かれる方は便利ですね。

\ホテルを探す/
楽天トラベル定山渓温泉

【支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり】

旅行会社の企画で、日帰りバスツアーもあります。

中央バス・定期観光や北海道リゾートライナーなどで企画されていますので、

運転が苦手、お祭りでアルコールを楽しみたい方は、ちょうどよいかと思います。

札幌ではなく、千歳方面からは、支笏湖行きのバスも運行されています。

新千歳空港からは、55分、千歳駅からは44分程度で支笏湖まで行けるそうです。

ちなみに、新千歳空港から、タクシーで40分、料金は約7000円かかるそうです。

期間限定で、「名湯ライナー」が運行されます。支笏湖温泉施設利用者対象に、

札幌と支笏湖温泉を結ぶ送迎シャトルバスです。

片道500円程度で乗れます。

座席が予約制で、前日午後6時までの事前予約が必要です。

宿泊者対象であるため、札幌駅北口から13:30に出発し、15:20頃に支笏湖温泉到着予定になっています。

かえりは、支笏湖温泉を、10:00に出発し、11:45頃に札幌駅に戻ります。

シャトルバスを利用できる宿泊施設は、

・丸駒温泉・しこつ湖鶴賀リゾートスパ水の謌・レイクサイドヴィラ翠明閣・休暇村支笏湖・支笏湖第一寶亭留翠山亭・オーベルジュ支笏湖翠山亭倶楽部です。

宿泊者のみの利用可能なシャトルバスとなっており、氷濤まつり開催期間以外でも、年末年始なども、利用できます。

\ホテルを探す/
楽天トラベル支笏湖

【旭川冬まつり】

旭川駅から会場へのアクセスを紹介します。

旭川駅ヘはJRや、高速バスを利用して道内から行くことができます。

旭川冬まつりまでは、無料シャトルバスが運行されています。

旭川駅前初で、会場まで約20分で到着予定です。

その他、路線バスもあります。

1の7(20番ASH前)・1の8(14番フィール旭川の道路を挟んだ向かい)・旭川駅前(3番・4番・5番・22番)発の末広、春光方面行きに乗車、常磐公園前で下車し、

徒歩約4分で会場に到着します。乗車料金は170円です。

その他、タクシーを利用した場合は、訳600円程度で10分ほどで会場につきす。

体力のある方は、徒歩で氷彫刻世界大会を眺めながら、50分程度歩くと会場に着きます。

\ホテルを探す/
楽天トラベル旭川

【層雲峡温泉氷瀑まつり】

層雲峡温泉で開催されているお祭りなので、

JR上川駅前から、道北バス「上川森のテラス バスタッチ」から乗車し、層雲峡温泉で下車し、徒歩5分で着きます。

その他、温泉街の宿泊施設を利用される方は、宿泊先からシャトルバスが出ている場合もあるそうです。

\ホテルを探す/
楽天トラベル層雲峡

まとめ

雪灯路と調べていくと、北海道の多くのお祭りでほぼ当てはまることがわかりました。

なかなかツアーを組んでいる場所は見つかりませんが、

宿泊施設と隣接している場所が多く、宿泊施設を利用する時間があれば、ゆっくりと楽しむことができるのではないでしょうか。

私は、基本的に移動は車ですのが、支笏湖の氷濤祭りの日帰りツアーを使ってみたいと思いました。

夜のライトアップを見ることのできるツアーがあればうれしいなぁと思います。

雪と氷に取り囲まれる、北海道の冬のお祭りばかりです。

自然を存分に生かしたイベントが企画されていることでとても、頼もしいと感じるとともに、

北海道が地元の私はうれしくなりました。

Advertisement

季節イベントカテゴリの最新記事