ヨーグルトメーカーが固まらない原因と固める方法

ヨーグルトメーカーが固まらない原因と固める方法

ヨーグルトメーカーが固まらない原因と固める方法

ヨーグルトって美味しいですよね。

酸味と甘みが合わさって、食べやすいので、毎朝ヨーグルトを食べている
という人も多いのではないでしょうか?

そのような人の場合、毎回ヨーグルトを買うのは面倒ですし、
経済的ではないですよね。

そんな毎日ヨーグルトを食べる人の間で今人気なのがヨーグルトメーカーです。

このヨーグルトメーカーを使えば、牛乳だけで自分でヨーグルトが作れるので
楽ですし何より経済的ですよね。

しかし、ヨーグルトを買ったからといっても、簡単にヨーグルトができるわけではありません。

ヨーグルトがうまく固まらないということがあったり、
意外とコツが必要だったりします。

ここではそんな、せっかくヨーグルトメーカーを買ったのに
うまく固まらないという人に向けて、ヨーグルトをうまく固める方法を
解説したいと思います!

Advertisement

ヨーグルトメーカーのヨーグルトが固まらない原因

ヨーグルトメーカーが固まらない原因と固める方法

ヨーグルトメーカーは最近の手作りブームに乗って今注目を浴びています。

ヨーグルトを作るシンプルなものから、牛乳パックを入れるだけで作るもの、
ギリシャヨーグルトを作れる本格的なもの、納豆や甘酒など同じ発酵食品なら
作れるものなどその種類は様々です。

値段もピンキリで安いものでは3000円ほどからあり、
高いものだと2万もするものもあったりします。

どれを使うかご家庭に合わせて使っていただいて結構です。

そしてどのヨーグルトメーカーを使っても基本的には
美味しくヨーグルトが作ることができます。

しかし、うまくコツを知らないとヨーグルトが固まらず、
ほとんど牛乳のままということがあります。

ヨーグルトが固まらない場合は、何が原因になるのでしょうか?

ここではヨーグルトメーカーでヨーグルトが固まらない原因について解説します。

ヨーグルトメーカーでヨーグルトが固まらない理由としては、
以下のようなことが考えられます。

・牛乳を使っていない

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る際には当然ながら、牛乳が必要で、
その牛乳を菌と一緒に発酵させることでヨーグルトが完成します。

しかし、それなのに牛乳が使われていなければ、
当然ヨーグルトはうまく出来ません。

よく間違いやすいのが牛乳ではなく、乳飲料を使ってしまうことです。

乳飲料は、原料は乳製品なのですが、それに栄養強化剤や嗜好成分を入れることで、
牛乳っぽく飲みやすくしたものです。

乳飲料の方が安くてカロリーも低いので、ついついこちらを選びがちですが、
ヨーグルトになるとうまく固まらないです。

ヨーグルトメーカーで牛乳を使う際にはしっかりと本物の牛乳を使うようにしましょう。

・雑菌が入っている

ヨーグルトの元となる種菌以外の雑菌はヨーグルトを固まるのを邪魔してしまいます。

これは気をつけていても油断していると結構混入してしまいます。

気をつけるのはヨーグルトメーカーの器や種菌を入れてかき混ぜる際のスプーン、
これらも使う前にはしっかりと滅菌をした状態で使うようにしましょう。

煮沸消毒がベストですが、めんどくさい場合は使う前に一度
洗剤やアルコールでしっかり除菌をします。

また飲みかけの牛乳は封が空いていて、雑菌が入っているので、
使わないようにしてください。

・牛乳も種菌も古いものを使っている

新鮮ではない牛乳や種菌を使うと、ヨーグルトがうまく固まらないことがあります。

ですので、例えば賞味期限内であってもできる新鮮なうちに
牛乳と種菌は使うようにしましょう。

ヨーグルトメーカーを使っているのにうまくヨーグルトが固まらない人は
どれかに当てはまっていませんか?

しっかりと原因を理解してヨーグルトを作れば、しっかりヨーグルトは固まるはずですよ!

Advertisement

ヨーグルトメーカーのヨーグルトを固める方法

ヨーグルトメーカーが固まらない原因と固める方法

基本上記のような注意をすればヨーグルトは固まります。

しかし他にもヨーグルトを固めるコツがありますので続けて紹介します。

・種菌の分量は正確にする

ヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作る際には牛乳に種菌を入れて
発酵をさせるのですが、この種菌の量は正確に入れるようにしましょう。

理想の分量としては牛乳と種菌が10:1の量になることです。

そうなるようにできるだけしっかり測って入れるようにしましょう。

こうすることによってヨーグルトに対して種菌多すぎず少なすぎずで
ほどよく固めることができます。

・種菌を入れた際にしっかりかき混ぜる

ヨーグルトに種菌を入れた際にかき混ぜが甘いと、
ヨーグルトと種菌にムラができてしまい、うまく固めることができません。

できるだけしっかりとかき混ぜて、ヨーグルトと種菌のムラができないようにしましょう。

・ヨーグルトメーカーを振動させない

ヨーグルトを作っている最中をヨーグルトの様子が気になって、
ついつい中の様子を見たり触ってしまいがちです。

しかし、ヨーグルトが発酵している最中に振動が起きると発酵が止まってしまいます。

ですので、ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作っている間は、
ヨーグルトを振動させないようにしましょう。

これらのコツを実践するだけで、よりヨーグルトは固まりやすくなります。

どれも手軽にヨーグルトとをより固めることができるのでぜひ実践してみてください。

ヨーグルトメーカーが固まらない原因と固める方法のまとめ

ヨーグルトメーカーは作り慣れると、安く栄養価が高いヨーグルトが
簡単に作れます。

そしてせっかくヨーグルトを作るのなら美味しいものを作りたいですよね。

ぜひこれらのコツを実践して、美味しいヨーグルトを作るようにしてくださいね!

こちらも読まれています↓↓
同じヨーグルトを食べ続けるより違ったヨーグルトとローテーションしたほうがいいです
>>ヨーグルトローテーションがおすすめ!体に効果的な食べ方

>>ヨーグルトメーカーで飲むヨーグルトの作り方!砂糖と温度がポイント
 

料理グルメカテゴリの最新記事