Uber Eats(ウーバーイーツ)のすき家とその他牛丼を解説します

Uber Eats(ウーバーイーツ)のすき家とその他牛丼を解説します

Uber Eats(ウーバーイーツ)が今流行っていますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は手軽に外食を楽しめる手段として、買う側も便利ですし、

何より出前をする側も自由に働けるということで、急速に広がっていきました。

都心部を中心に「Uber Eats」のロゴが入った自転車などもよく見かけますよね。

記事を読んでいる人の中でもUber Eats(ウーバーイーツ)を

利用したことがある人はいるのではないでしょうか?

そんなUber Eats(ウーバーイーツ)は多種多様なメニューがありますが、

ふと食べたくなるものと言えば牛丼ですよね。

特にすき家の牛丼はバラエティ豊かなメニューも多く、

好きな人も多いでしょう。

このすき家の牛丼はUber Eats(ウーバーイーツ)で注文することができるのでしょうか?

またすき家以外にも牛丼をUber Eats(ウーバーイーツ)で注文することができるのでしょうか?

ここではすき家などの牛丼についてのUber Eats(ウーバーイーツ)を解説していきたいと思います!

 

Uber Eats フード注文はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のすき家を解説

ウーバーイーツのすき家とその他牛丼

Uber Eats(ウーバーイーツ)ですき家の牛丼は食べられるのでしょうか?

 

結論から言えばUber Eats(ウーバーイーツ)ですき家を食べることができます。

 

すき家を経営するゼンショーですが、2019年の2月より、

Uber Eats(ウーバーイーツ)に参入を決めました。

 

ちなみに同じグループ企業であるなか卯も、同時期にUber Eats(ウーバーイーツ)の参入が決定しています。

 

そしてすき家に限らず、各牛丼チェーンもUber Eats(ウーバーイーツ)に

参入しているので、主要な牛丼チェーンはUber Eats(ウーバーイーツ)で注文することができます。

 

すき家に限らず、各牛丼チェーンはもともとテイクアウトに対応しており、

そのノウハウがあります。

 

ですので、出前を外注するというUber Eats(ウーバーイーツ)の形式は、

テイクアウトをそのままUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに渡すだけですので、

コストもかからず参入もしやすかったでしょう。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は全国どこでも利用できるわけでなく、

利用できるのは主に都市部です。

 

今後はUber Eats(ウーバーイーツ)の利用は全国的に広がっていく予定です。

 

調べてみると、東京、大阪、名古屋、福岡の中心地区でしたら、

すき家のUber Eats(ウーバーイーツ)が可能でした。

 

ですので、これらの地域にお住まいで、中心部のオフィスにお勤めの方だったら。

ランチですき家のUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することは可能でしょう。

 

そしてUber Eats(ウーバーイーツ)ですき家を頼む場合ですが、

メニューはどうなっているのでしょうか?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は電話ではなく、アプリを使って注文をするのですが、

その際にメニューが表示されます。

 

メニューは基本的なすき家のメニューからだいたい選ぶことができます。

 

牛丼系メニューからカレー、サイドメニューまで頼むことができて、

すき家のバラエティあふれるメニューを楽しむことができます。

 

お値段ですが、牛丼を例にとると並盛り一つが500円となっていて、

それにプラスで配送料が加算されます。

 

ですので、普通の牛丼が700円から800円、カレーやトッピングのかかった牛丼だと、

1000円前後になると思えばよろしいでしょう。

 

アプリで注文をすれば、あの「Uber Eats」の自転車で配達パートナーが届けに来てくれます。

 

容器はそのままテイクアウトの容器が適用されます。

 

ですので、溢れる心配などもないので安心ですね。

 

配送の手間がかかってしまうので、店舗で食べるすき家のメニューよりは

当然割高になってしまいます。

 

ですが、何円以上からの注文もなく、気軽に注文できるので、その点はとても手軽ですね。

 

またUber Eats(ウーバーイーツ)はお得なクーポンを配布していることがあります。

 

すき家などの牛丼チェーンは、このクーポンを配布している率が高いので、

見つけたらぜひ利用してお得にすき家の牛丼を楽しむようしましょう。

>>Uber Eats フード注文はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)の牛丼を紹介します

ウーバーイーツのすき家とその他牛丼

Uber Eats(ウーバーイーツ)で牛丼を楽しみたい場合ですが、

すき家以外でもUber Eats(ウーバーイーツ)にはその他の牛丼チェーンは参入しているので、

牛丼を楽しむことができます。

 

吉野家や松屋派の人はお近くにありましたらそちらを利用できるので、

その時の気分で使い分けてください。

 

料金体系も基本的には出前料金プラスUber Eats(ウーバーイーツ)配送料になるので、

上記のすき家と同じぐらいの料金になります。

 

ただ、もともとのすき家の料金は安めになっているので、

同じ牛丼で比較をしたらすき家が一番安くはなっています。

 

もちろん地域にもよりますが、牛丼チェーン以外にも牛丼を食べることができます。

 

地域によってはおしゃれな肉バルのランチメニューとして、

牛丼を扱っているところもあるので、興味がありましたら、

そのようなお店の牛丼を頼んでみても良いかもしれません。

 

このように牛丼といっても、よくあるチェーン店ではなく、

食べたいメニューから検索をして普段はいかないようなお店をから

注文できるというのも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の魅力ですね。

>>Uber Eats フード注文はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のすき家とその他牛丼のまとめ

すき家を始め、牛丼チェーンはもともとテイクアウトを行っているので、

その感覚でUber Eats(ウーバーイーツ)も利用することができます。

 

ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)は手軽な分、その分料金も高くなり、

配送料も発生しますが、これはしょうがないですね。

 

すき家に限らず様々な牛丼をUber Eats(ウーバーイーツ)では楽しむことができます。

 

都市部で利用できる方は、ぜひUber Eats(ウーバーイーツ)を利用してみてくださいね!

こちらも読まれています↓↓
>>Uber Eats(ウーバーイーツ)でラーメン二郎を頼む

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)のスシローやその他寿司を解説します

Uber Eats フード注文はこちら

料理グルメカテゴリの最新記事