レゴブロックを消毒 洗浄 殺菌 洗う方法 レゴ公式の方法

レゴブロックを消毒 洗浄 殺菌 洗う方法 レゴ公式の方法

レゴブロックって面白いですよね。

想像力に任せてルールもなく自由自在にブロックを組み合わせて作るそのおもちゃは、
国内外問わずファンがたくさんいます。

また今流行りのお子様の知育にもレゴブロックは良いので、
お子様のおもちゃとしてレゴブロックを買っている人もいるのではないでしょうか。

レゴブロックは子供から大人まで遊べるので、
子供のために買ったのに大人がハマってしまったなんてこともよくあります。

しかし、そんなレゴブロックですが気になるのは消毒洗浄ですよね。

お子様の場合、レゴブロックを床に散らかしてそのまま触っていたりするので、
できるだけレゴブロックを清潔に保ちたいですよね。

ここではレゴブロックを安全に楽しむためにも、
レゴブロックの消毒洗浄について解説をしていきたいと思います。

Advertisement

レゴブロックを消毒 洗浄 殺菌 洗う方法:レゴ公式の方法

レゴブロックを消毒洗浄

レゴブロックはデンマーク発祥のおもちゃであり、
1949年にLEGO社から発売をされると、次第に人気を広げていき、
今や世界中で愛されるおもちゃとなっています。

Advertisement

レゴランドなどのテーマパークを始め、各地に専門店があるなど、
レゴの人気はこれからも続いていくでしょう。

レゴブロックはシンプルなものから複雑な形のブロックまで、
様々な形があります。

そんなレゴブロックですが、まずはやはりある程度使ったら消毒はした方がいいです。

レゴブロックは凹凸があったり、複雑な作りをしているとその隙間に
隙間に細かい汚れや皮脂などがたまりやすいです。

その溜まった汚れをそのまま放置していたらやはり不衛生です。

そして、レゴブロックの消毒や洗浄の方法ですが、レゴのホームページにも
しっかり指針が記されています。

公式ページ:レゴブロックの殺菌と洗浄

やはり世界大手のおもちゃメーカーなだけあって、
このようなカスタマーケアはしっかりしていますね。

公式のレゴブロックの消毒洗浄の方法としては
①最高40℃のぬるま湯にレゴブロックをつけて手洗いをする
②その際に食器洗剤を使って洗っても良いが、その後は水でよくすすぐ
③洗い終わったら室内で乾かす

このような手順で書かれていました。

注意点としては、洗濯機や食器洗浄器は使わないようにすること。

また、レゴブロックを乾かす際には電子レンジやドライヤーを使わないようにすることです。

ですので、基本的にはこれらの注意点を守った上で、
上記の消毒洗浄方法を行えば、レゴブロックは消毒洗浄ができます。

レゴブロックは子供になると夢中に遊んでしまうことが多いので、
なかなか消毒洗浄をする暇がないかもしれません。

しかし、子供を安全に遊ばせてあげるためにも、
気がついたらしっかりとレゴブロックを消毒洗浄をしてあげてくださいね。

Advertisement

レゴブロックを殺菌消毒 洗浄する方法 洗う方法:重曹を使う方法

レゴブロックを消毒洗浄

LEGO社の公式の掃除方法としては上記の通りですが、
年季の入ったレゴブロックは汚れが溜まってしまったレゴブロックの場合、
消毒洗浄をしきれないことがあります。

ですので、レゴブロックをもっと細かく消毒洗浄する方法も紹介していきます。

①最高40℃のぬるま湯を準備する

ぬるま湯を準備するのは同じですね。

量はレゴブロックの量によって変わるので、バスタブでも洗面器でもなんでも構いません。

②粉末の重曹を入れる

レゴブロックをしっかり洗浄したい場合は、食器洗剤ではなく重曹がオススメです。

重曹はふくらし粉やベーキングパウダーなどの食品のイメージがあるかもしれませんが、
消毒や滅菌、乾燥剤としても使えたりする便利なアイテムです。

100円ショップやドラッグストアの洗剤コーナーに、洗剤用の重曹は大抵売っています。

その重曹をぬるま湯に対して適量を入れれば簡単に消毒液の完成です。

重曹は消毒洗浄効果が高いだけでなく、食品にも使われているとおり、
人体には無害な洗剤です。

ですので、肌の弱い方や小さいお子様にも安心して使うことができます。

直接肌に触れることが多いレゴブロックだからこそ、
このような安全な自然由来の洗剤を使うのがオススメです。

③レゴブロックをつけ置き洗いする

重曹の消毒液ができたら、そこにレゴブロックを1時間ほどつけ置き洗いをしましょう。

量が多い場合など、レゴを洗濯ネットに入れてつけ置き洗いをすると楽に取り出せます。

また細かい隙間に入った汚れまで綺麗にしたい場合は、
この時に歯ブラシなどでレゴブロックの隙間を掃除すれば、
細かい隙間まで消毒洗浄をすることができます。

④室内で乾燥をさせる

レゴブロックのつけ置き洗いが終わったら、
水ですすいで室内で乾燥をさせます。

その際にはタオルや新聞紙でレゴブロックを包んでおいたら早く乾燥させることができます。

このように重曹を使った消毒洗浄は洗浄力高く、コストパフォーマンスも良いです。

また重曹水はスプレーボトルに入れておいて、シュッシュと吹きかけられるようにすれば、
簡易的な消毒スプレーにもなります。

これを遊び終わったレゴブロックに限らず子供が使うおもちゃに吹きかければ、
安全に消毒洗浄ができます。

ぜひ活用をしてみてくださいね。

レゴブロックを消毒する方法 洗浄する方法 ミルトン

子供のおもちゃは知らないうちに細菌がたっぷりとついています。

子供はおもちゃを口に入れることも多いので、知らないうちに細菌が増えてしまうことも

よくある話です。しかもそれは赤ちゃんだけに限らず保育園児や幼稚園児でも…。

無意識にテレビを見ながらおもちゃをぺろぺろとなめていることもありますよ…。

また、汚れた手でレゴブロックを触れば、あっとう間にレゴブロックも菌だらけになって

しまいます。レゴブロックって小さいですし、数も多いのでなんだか消毒・洗浄するのが

ママたちにとって大変面倒ですが、ここは気持ちを改めて子供たちのために

除菌しましょうね♪そこでおすすめなのは『ミルトン』です!

赤ちゃんがいるお家であればミルトンを持っている家庭も多いのではないでしょうか?!
よく哺乳瓶の消毒に使われるものですね。ミルトンのケースに水4ℓ、そしてミルトンの

錠剤を2錠入れたら、そこにレゴブロックを入れるだけです。

1時間入れておけば、消毒完了です!消毒したレゴブロックはミルトン独特な匂いが

しますので、気になる方は水でささっと軽く流せば大丈夫です。

ミルトンを使えば、おもちゃの消毒・洗浄は手間もかからず本当にラクにできます。

レゴブロックなど細かいものも一つずつ洗う必要がないので、

忙しいママにもぴったりです。ミルトンのセットは薬局やベビー用品を取り扱うお店で

購入できますので持っていないという方は是非ゲットしておきましょう♪

おもちゃだけではなく、子供の食器の消毒にも使えますので万能商品ですよ。

レゴブロックを消毒する方法 洗浄する方法 オキシクリーン

テレビで紹介されてからSNSでも主婦の間で大人気のオキシクリーンを使って、

レゴブロックの洗浄・消毒をしてしまいましょう!ずばり流行りのオキシ漬けですね♪

洗面器やバケツにお湯を張ったら、そこにオキシクリーンを入れてしっかり混ぜましょう。

4ℓの水に対して専用スプーン1杯分のオキシクリーンが目安です。

オキシクリーンはお湯の方が溶けやすいので、水ではなくお湯にしておきましょう。

そこにレゴブロックを入れたら1時間ほど放置します。

その後、水で洗い流しながら歯ブラシなどで気になる汚れを落としたら日に当てて

しっかりと乾かしましょう。
オキシ漬けをしたことで、レゴブロックに付着している汚れが軽くこするだけで

簡単に取れますよ。レゴブロックは突起の部分に小さな汚れが付着していることも

多いので、細いブラシでこするときれいになりますよ♪

私もこの方法で頻繁にお風呂のおもちゃを消毒・洗浄するようにしています。

特にたくさんの子供たちが家に遊びに来る前や、帰った後は必ずオキシ漬けをしています。

是非試してみてくださいね♪

レゴブロックを消毒する方法 洗浄する方法 キッチンハイター

グリーンのボトルにピンク色のキャップでお馴染みのキッチンハイターを使います。

台所用漂白剤なので、安心しておもちゃの消毒や洗浄に使うことができますよ♪

5ℓの水にキャップ2杯のキッチンハイターをよく混ぜて、そこにレゴブロックを

2分ほど浸け置きしたら水ですすいで終わりです。かなり短時間で終わるので時間がなく

忙しいママにも大助かりなアイテムです。あまり長時間浸けておくとレゴブロックが

脱色されてしまうこともありますので気を付けてくださいね。

また素手でキッチンハイターを触ると、皮膚を痛めてしまうこともありますので必ず

手袋をしてから取り扱うようにしてください。キッチンハイターはおもちゃだけではなく

赤ちゃん用のマグや哺乳瓶も消毒できますので、家庭に一つあると便利ですよ。

レゴブロックを消毒する方法 洗浄する方法のまとめ

レゴブロックですが、子供は夢中に遊ぶことが多いです。

しかし、子供が夢中に安全に遊ぶためにはしっかりと大人が管理をしなければなりません。

いかがでしたでしょうか?!なかなかレゴブロックの消毒や洗浄することもなく

そのままにしていた方たちも本記事を読んで簡単にできそうだと感じたことと思います♪

おもちゃの洗浄や消毒って意外と面倒ですものね…。

ですが、おもちゃには見えない細菌がたくさんついています。

特にレゴブロックは小さいサイズながらも、子供の手についていた菌がそのまま

付着しているので本当に汚いです。ノロウイルスなどの対策にもなりますので

ミルトンやオキシクリーンを使って簡単にラクに消毒・洗浄して清潔にしてあげて

くださいね♪

ぜひレゴブロックの消毒洗浄をしっかり行って、

お子様を安全にレゴブロックで遊べるようにしてくださいね!

こちらも読まれています↓↓
レゴブロックが取れないときの外し方

レゴブロッククラシックの作り方が簡単にわかるサイト・本

レゴブロッククラシックとは!おすすめのレゴブロッククラシック

おもちゃカテゴリの最新記事