レゴブロックが取れないときの外し方

レゴブロックが取れないときの外し方

レゴブロックが取れないときの外し方

レゴブロックって面白いですよね。

レゴブロックにルールは決まっておらず、必要なものは想像力だけ。

その想像力に任せてレゴブロックを組み合わせて、
様々なものを作り上げるのは子供だけでなく大人もハマってしまいます。

また子供の知育にも良いため、子供にレゴブロックを買い与えているという
ご両親も多いのではないでしょうか?

筆者も子供の頃にはレゴブロックで遊んだ記憶がありますね。

しかし、そんなレゴブロックですが、
いろいろな形のブロックを組み合わせて遊べる代わりに、
くっついたレゴブロックが取れないということがたまにあります。

レゴブロックがくっついてしまって取れない場合、
無理やり外そうとすると子供が怪我をする可能性もあります。

ですのでレゴブロックが取れないときの外し方で何か良い方法はないでしょうか?

ここではレゴブロックを遊ぶ際に、くっついて取れない時の外し方について
詳しく解説をしていきたいと思います。

Advertisement

レゴブロックが取れないときの外し方

レゴブロックが取れないときの外し方

レゴブロックは今や世界中で遊ばれているおもちゃです。

レゴブロックは「LEGO」というデンマークの会社が本社になっており、
1949年に発売をされました、

当初はなかなか売り上げが伸びませんでしたが、
その想像力に任せてたくさんのものが作り上げることができるレゴに人気が急上昇。

その後の改良を重ねていって、今やLEGO社は世界に名だたるおもちゃメーカーになりました。

ちなみにLEGO社は世界10大玩具メーカーにも選ばれています。

そんな人気のレゴブロックですが、いろいろなブロックを組み合わせてものを作るのは
楽しいですが、レゴブロックがくっついて取れないことがあります。

これはレゴブロックを組み合わせて、物を作る性能上しょうがないですが、
固くくっついて取れないと子供も困ります。

では、そんなレゴブロックの取れないときの外し方を説明します。

Advertisement

レゴブロックが取れないときの外し方:その1 ブロックをつけて外す

レゴブロックが取れないときの外し方

取れないレゴブロックを無理やり爪などではがそうとすると危険ですし、
レゴブロックが壊れてしまう可能性かがあります。

そんな時は、手元にある他のレゴブロックをさらに重ねてみましょう。

レゴブロックが取れない場合が多いのは、薄いレゴブロックのことが多いです。

ですので、取れないレゴブロックにさらにレゴブロックを連結させて厚みを出すようにします。

そうすることによって、レゴブロックを外す際にも力が入るようになって、外しやすくなります。

Advertisement

レゴブロックが取れないときの外し方:その2 ホチキス

レゴブロックが取れないときの外し方

レゴブロックが取れないときですが、身近なアイテムを使って、外す外し方もあります。

そのアイテムとはホチキスです。

ホチキスといっても、使うのは挟む側でありません。

ホチキスのおしりについている、ホチキスの芯を外すとっかかりがついている方です。

こちらを取れないレゴブロックの隙間にねじ込んで、
あとはホチキスの芯を外すのと同様に、
てこの原理を使ってレゴブロックを外してみましょう。

てこの原理を使うので、力を入れずとも安全に取れないレゴブロックを
外すことができるはずです。

上記の方法だと取れないレゴブロックもこちらの外し方だと取れることが多いので、
ぜひ活用してくださいね。

Advertisement

レゴブロックが取れないときの外し方:その3 ブリックセパレーター

レゴ ブロックはずしブリックセパレーター

レゴブロックが取れないときの外し方ですが、
なんとLEGOから公式のレゴブロック外しが発売されています。

これなら安全にブロックにも優しく取れないレゴブロックが外せるので、
レゴブロックファンなら手に入れておきたいですよね。

こちらは「ブリックセパレーター(Brick Separaror)」と呼ばれるアイテムで、
単体だと100円ほどで変えますし、レゴのバケツセットなどに入っているものもあります。

こちらはレゴブロックにうまく噛み合わせて、てこの原理を使って、
取れないレゴブロックを外せるようになっています。

またブリックセパレーター自体にもレゴを組み合わせる穴がついているので、
外したいレゴブロックにつけることで、しっかりと噛み合わせることができます。

またレゴブロックには小さい穴に差し込む棒のパーツもあったりします。

これまた一度穴に入れると取り外すのが大変なんですよね。

そんな時にも取り外せるぴったりフィットの棒がブリックセパレーターにはついています。

このように取れないレゴブロックを外す際にも痒いところにも手がとどく作るになっているのは
さすがレゴ公式から販売されているレゴブロック外しですね。

高いものでもないですし、レゴを紹介しているブログ等を見てみると、
このブリックセパレーターは取れないレゴブロックの外しやすさが段違いであり、
ぜひ持っておきたいアイテムだそうです。

お子様の安全のためにもこちらのブリックセパレーターを活用してみてはいかかでしょうか?

レゴブロックが取れないときの外し方のまとめ

レゴブロックは子供から大人まで遊べる素敵なおもちゃです。

そして、レゴが世界的な企業であるゆえに、
レゴブロックが取れない場合などの対応なども
しっかりとされています。

レゴブロックの専門店は日本各地にあります。

そこではレゴに関する様々なものが買えます。

ですのでブリックセパレーターを始め、
レゴブロックを買ってレゴブロックを存分に楽しんでくださいね!

こちらも読まれています↓↓
レゴブロックを殺菌消毒 洗浄 洗う方法 レゴ公式の方法

レゴブロッククラシックの作り方が簡単にわかるサイト・本

レゴブロッククラシックとは!おすすめのレゴブロッククラシック

おもちゃカテゴリの最新記事