ダイソーのレゴブロック プチブロックの種類と特徴を徹底解説

ダイソーのレゴブロック プチブロックの種類と特徴を徹底解説

ダイソーのレゴブロック プチブロックの種類と特徴

レゴブロックって面白いですよね。

想像力に任せて好きなようにブロックを組み合わせて、
好きなものを作り上げるのは子供の創造力を養うだけでなく、
大人も夢中になって遊んでしまいます。

また子供の創造力を養うということでお子様に知育として
レゴブロックを与えているというご両親も多いのではないでしょうか?

そして、子供一緒になって遊んでいると、
大人の方がハマってしまうというのがあるあるですね。

そんなレゴブロックですが、遊びたいけどレゴのお店が近くになかったり、
おもちゃ屋さんがない場合には困ってしまいますよね。

そのような人にダイソーのレゴブロック、プチブロックはご存知でしょうか?

こちらは全国のダイソーに売られているブロックのおもちゃで
その100円ショップに売られているとは思えない種類と
クオリティの高さに今話題になっています。

ここでは、そんなダイソーのレゴブロックであるプチブロックの種類や
プチブロックについてなどを解説をしていきたいと思います。

Advertisement

ダイソーのレゴブロック プチブロックとは


ではまずダイソーのレゴブロックであるプチブロックとは何なのかについて、
解説をしていきたいと思います。

まず根本的にダイソーにレゴブロックは売られていません。

イメージがしやすいようにダイソーのレゴブロックと書かせてもらいましたが、
レゴブロックはデンマークに本社がある「LEGO」という会社のおもちゃです。

このレゴブロックを作っているLEGO社は世界の10大玩具メーカーにも選べれていて、
世界的に大変大きな会社になっています。

ダイソーに売られているのは、そんなLEGO社のレゴブロックに似ている、
ブロックを組み合わせて作るおもちゃです。

そしてその名前はプチブロックで、レゴブロックとは関係ないので注意しましょう。

プチブロックは全国のダイソーで売られており、値段はもちろん100円です。

プチブロックは現在全64種類ほど出ておりまして、
その種類も犬や猫などの動物、働くくるま、ウエディング、食べ物など、
多種多様の種類が出ています。

作り方はいたってシンプルです。

ダイソーに売られているプチブロックにはパッケージには完成予想図、
パッケージの中には作り方が書かれた説明書が入っています。

ですので、この説明書通りにプチブロックを組み立てて行けば、
完成予想図通りのブロックがが作られます。

そのクオリティですがとても100円で帰るとは思えないほどの出来であり、
ついつい全種類集めたくなってしまいます。

ちなみにプチブロックを全種類集めたとしても6400円ですので、
そこまで高いものではないですね。

ただ中にはブロックの中にはくっつきにくいものがあったりすることもあるので、
そこは100円クオリティでしょうがないですね。

しかし、それでも100円ショップの中では、プチブロックは
お買い得の商品だと思います!

Advertisement

ダイソーのプチブロックはレゴブロックと組み合わせて使えるの?

ダイソーのレゴブロック プチブロックの種類と特徴

ではそんな別物のダイソーのプチブロックとレゴブロックですが、
組み合わせて使えるのでしょうか?

この二つが組み合わせて使えたら、創造の幅が広がりそうです。

結論から言えば、ダイソーのプチブロックとレゴブロックは組み合わせて使えることは使えます。

どうしてこのような含みのある言い方になってしまうかと言うと、
ダイソーのプチブロックとレゴブロックは特定の種類でのみ、
組み合わせて使うことができます。

またそれでもダイソーのプチブロックとレゴブロックは根本的にサイズが違います。

基本的にはダイソーのプチブロックはレゴブロックより小さいので、
組み合わせたとしてもサイズが合わずにはみ出した状態になります。

ただレゴブロック上級者になると微妙な表現をするために、
このはみ出しを使ったりします。

ただ普通にプチブロックやレゴブロックを組み立てる分には、
この二つを組み合わせて使うことは難しいかもしれません。

ダイソーのプチブロックはどこのダイソーでも帰る?通販で買える?

ダイソーのプチブロックですが、人気商品ですので大きいダイソーでしたら
だいたい売っていると思います。

ダイソーにはおもちゃのコーナーがあるので、
プチブロックをそこで売られていることが多いです。

しかし、ダイソーの店舗によってはプチブロックは売られていないこともあります。

その場合、通販では買えるのでしょうか?

本元のダイソーの場合、WEB注通販は大口での販売でしかやっていません。

1つの商品で500個以上の注文でしかできないので、
使うことはほぼないと考えられます。

ですが、ダイソーのプチブロックですがネット通販でも買えることは買えます。

amazonや楽天などで調べたところプチブロックは売られていました。

ただ値段は500円以上したり、するのであまりお買い得ではない気がします。

メルカリなどのフリマアプリも同様で、売られてはいますが、どれも定価以上です。

やはりダイソーのプチブロックを買う際には、
プチブロックを扱っている店舗で買うのが安くて確実でしょう。

Advertisement

ダイソーのレゴブロック プチブロックの種類と特徴を徹底解説のまとめ

ダイソーのプチブロックは作っても楽しいですし、
飾ってもインテリアになる面白いおもちゃです。

レゴブロックとは組み合わせては遊ぶことは難しいですが、
それでもプチブロックだけでも十分に楽しむことができます。

100円とは思えないクオリティですので、ぜひ買って遊んでみてくださいね!

こちらも読まれています↓↓
レゴブロッククラシックとは!おすすめのレゴブロッククラシック

レゴブロッククラシックの作り方が簡単にわかるサイト・本

おもちゃカテゴリの最新記事