エンバーミングのメリット・デメリット 遺体の保存方法

エンバーミングのメリット・デメリット 遺体の保存方法

エンバーミングという言葉をご存知でしょうか?
エンバーミングは海外では一般的ではありますが、
日本ではまだまだそこまで認知度が高い言葉ではないかもしれません。

Advertisement

しかし、あることをしている人にとっては認知度が高いです。

それは終活です。

エンバーミングは死に対して密接に関係しています。

ここではそのエンバーミングについてやメリットデメリットも解説していきます。

Advertisement

エンバーミングって何?メリットデメリットも教えて!

エンバーミングのメリット・デメリット 遺体の保存方法

エンバーミングとは一体何なのでしょうか?

まずエンバーミングについてを解説していきたいと思います。

Advertisement

エンバーミングは死体を生前の姿に保つ技術のことを指します。

死体はそのままにしていますとすぐに腐食が始まります。

そこで、死体の血液を防腐剤と完全に入れ替えることで、
内臓の防腐を防ぎ、生前の姿を保つことができます。

エンバーミングの歴史は古く、17世紀ごろに欧米に広がりました。

きっかけはアメリカの南北戦争です。

南北戦争では多くの死亡者が出たのですが、遺体を処理しきれることができず、
その結果遺体からの感染症が問題になりました。

そこで遺体の血液を防腐剤を入れ替えることで遺体の腐敗を防ぎ、
感染症を防いだことが始まりとなっています。

日本の場合は火葬が主ですので、そこまで感染症に対して考える必要もなく、
エンバーミングは広がりませんでした。

海外の場合は今でも土葬が重ですし、遺体を運ぶ時間も長いことから、
エンバーミングの処置がよく行われています。

ただエンバーミングは遺体を生前の姿で保てることであったり、
宗教的な観点からも日本でもエンバーミングを希望する人は増えています。

日本でも同じように遺体を綺麗に残す仕事として納棺師があります。

映画「おくりびと」で有名になった仕事ですよね。

納棺師とエンバーミングの違いとしては、納棺師の場合は遺体を遺族との対面に合わせて、
管理保存をして、化粧を施すことで遺族に対してショックを和らげる仕事となっています。

エンバーミングの場合は血液を防腐剤に入れ替えるなど、
内術的な行為をすることに対して、納棺師の場合は、ドライアイスなどで腐敗を防いだり、
着替えや化粧をするに留まっています。

単純に保存の観点から言えばエンバーミングの方が良いと言えるのですが、
遺体に必要以上に手を加えるのは日本人の死生観とはあまり合っていないとも言えます。

ではそんなエンバーミングのメリットデメリットも続けて解説していきます。

まずはメリットです。

・長く遺体を保つことができる

エンバーミングの最大のメリットは何と言っても遺体を長い間保つことができることです。

生前の様子に近く修復も行うので、故人との思い出に浸ったり、
ゆっくり時間をかけて個人を偲ぶこともできます。

・衛生面を気にする必要がない

遺体と対面する際にも時間が経っている場合は感染症を気にする必要があります。

エンバーミングを行えばこの衛生面や感染症を気にする必要なく、
ゆっくり遺体と対面する時間を保つことができます。

続いてデメリットです。

・エンバーミングを行える施設が少ない

エンバーミングは少しずつ日本で馴染みが深くなってきても、
まだまだ行える施設は少ないです。

エンバーミングは高度な技術であり、遺体の衛生管理もしっかりとしないといけないため、
行える施設も少なく、日本でもまだ55箇所ほどしかありません。

・費用がかかる

エンバーミングを行う場合は、お葬式の費用とは別に費用がかかります。

エンバーミングは特殊な技術であるため費用も高く、20万円前後かかります。

・嫌悪感を抱く人もいる

エンバーミングは遺体に直接的な処置を行うため、嫌悪感を抱く人もいるのは事実です。

なのでもしご遺族でエンバーミングを考えている人がいる場合は、
家族でしっかりと話し合った上で行うようにしましょう。

Advertisement

エンバーミングの今後について

エンバーミングのメリット・デメリット 遺体の保存方法

エンバーミングですが、日本ではまだまだ認知が低いものも、
今後は急速に広がっていくと筆者は考えます。

その理由としては色々な考え方や宗教などを認められる時代になってきているからです。

また日本は大きさ災害が多い国でもあります。

エンバーミングは災害に見舞われた方の遺体を清潔にし生前の状態に戻すということで、
災害地では重要な技術です。

実際、阪神淡路大震災や東日本大震災でもエンバーミングによって、
多くのご遺族の気持ちを和らげることができました。

今後エンバーミングがさらに認められるようになり、
被災地や事故などでショックを受けたご遺族の心を、
少しでも和らげることができれば良いですね。

Advertisement

エンバーミングのメリット・デメリットのまとめ

エンバーミングについてやメリットデメリットについてはおわかりいただけたでしょうか?

エンバーミングは欧米を中心に発達した、遺体の修復と保存技術のことです。

日本では死生観的にまだまだ十分には広まっていはいませんが、
少しずつエンバーミングを希望する人も増えています。

エンバーミングはメリットデメリットもあります。

しかし、災害の多い日本ではエンバーミングによって心が救われた人も多くおり、
今後はエンバーミングが広まっていくと考えます。

エンバーミングのメリットデメリットも理解した上で、
多くの人の気持ちが救われるようになればいいですね!

こちらも読まれています↓↓
⇒⇒エンバーミングをした有名人は?マイケルやマリリンモンローなど

その他生活カテゴリの最新記事