使い捨てカイロの使用期限はどのくらい?

  • 2020.09.13
  • 更新日:2020.10.31
  • 雑貨
使い捨てカイロの使用期限はどのくらい?

使い捨てカイロって便利ですよね。

寒い冬でも手軽に暖まれるため、家に常備しているという人も多いと思います。

しかし、そんな使い捨てカイロですが使用期限があるのをご存知でしょうか?
ここでは意外と知らない、使い捨てカイロの使用期限について解説をしていきたいと思います。

使い捨てカイロの使用期限について解説!

使い捨てカイロの使用期限

使い捨てカイロですが、使用期限は実際あります。

使い捨てカイロのパッケージには使用期限が書いてあるのですが、
その使用期限は商品によって様々です。

Advertisement

ですので、一概には言えないのですが保存用の使い捨てカイロで
使用期限はだいたい5年ほどです。

この使い捨てカイロの使用期限ですが、実際使用期限を超えても使えるのでしょうか?

結論から言えば、使用期限が切れても使えます。

もちろん使用期限を超えた使い捨てカイロの場合、
温度にムラがあったり持続時間が多少短くなってしまうことはあります。

ただ、未開封の使い捨てカイロの状態で保存をしておけば、
全く使えなくなっているということは少ないので、心配はいりません。

では、それならどうして使い捨てカイロの使用期限はあるのでしょうか?

それは使い捨てカイロも立派な工業製品だからです。

多くの工業製品は、販売するからにはいつまで使用を保証するかを明記する必要があります。

家電製品には保証書が入っているのと同じですね。

これと同じように使い捨てカイロでもメーカーが使用期限を保証し、
明記しておく必要があるため、使用期限が設定をされています。

使い捨てカイロは災害時などにおいても大切な役目を果たします。

ですので非常用袋に使い捨てカイロが入っていて、
そのまま忘れていたということもあると思います。

使用期限が切れていても基本はそのまま使えますが、
万が一あまりにも使用期限から過ぎていて心配なら新しいのを買っておきましょう。

その際、古い使い捨てカイロをそのまま捨てるとゴミの中で発熱をして、
家事を起こす可能性もあります。

なので、しっかりと一度開封をして、
使い捨てカイロを使用しきった上で捨てるようにしましょう。

Advertisement

使い捨てカイロってどういう仕組み?

使い捨てカイロの使用期限

使い捨てカイロですが、普段当たり前に使っていますが、
一体どのような仕組みなのでしょうか?

続いて使い捨てカイロの仕組みについて解説をしていきたいと思います。

使い捨てカイロですが、中身は以下の物入っています。

・鉄粉
・活性炭
・バーミキュライト
・水
・塩

そして、使い捨てカイロの基本の仕組みとしては鉄の酸化を利用しています。

鉄以下の物はこの鉄の酸化を促進させるための材料となっています。

鉄は酸化をすることで熱を発生させるので、それを利用しているのですね。

使い捨てカイロですが、実は日本が誇れる発明品の一つとなっています。

日本初の使い捨てカイロが生まれたのは1975年です。

日本初の使い捨てカイロは旭化成によって発明されたのですが、
このころのカイロは今のような暖をとるためのものではなく、
鍼灸院などで治療に用いられるものでした。

それが今の形に近い使い捨てカイロに生まれ変わったのが1978年です。

1978年に現在のロッテ健康産業とパイオニクスが共同で研究開発をして、
一般人向けの暖をとるための使い捨てカイロが生まれました。

この時に生まれたのがホカロンなのですが、ホカロンは今だに発売されている、
ベストセラー商品ですね。

しかし、考えてみればロッテといえばお菓子メーカーですよね。

どうしてロッテが使い捨てカイロを発明することができたのでしょうか?

実はこれは偶然が重なってできたものなのです。

ロッテは当初は使い捨てカイロを作ろうとは思ってはいませんでした。

しかし、お菓子のために必要な脱酸素剤を製造している際に、
これが熱を帯びていることを発見しました。

そして、これをどうにか利用できないかということで、使い捨てカイロの研究が始まりました。

世界初の使い捨てカイロは瞬く間にヒットをして、
現在でも海外でも多く使われる世界的なヒットとなりました。

このように偶然から発明が生まれるというよくあります。

そしてそれが日本からというのはなんとも嬉しいですね。

使い捨てカイロですが、実は使い終わった後にも乾燥剤や脱臭剤として再利用できます。

もともと脱酸素剤を作ろうとして、使い捨てカイロが生まれたように、
使い捨てカイロの中には活性炭が含まれています。

活性炭を使った乾燥剤や脱臭剤はよく売られていますよね。

使い捨てカイロ自体は鉄の酸化を利用しており7時間ぐらいの使用が目安ですが、
使い捨てカイロ内部の活性炭自体はまだ使用可能です。

ですので、そのまま靴の中に入れたり、冷蔵庫に入れれば、
乾燥剤や脱臭剤として利用可能です。

ぜひ、使い捨てカイロを最後まで活用してみてくださいね。

Advertisement

使い捨てカイロの使用期限はどのくらい?のまとめ

使い捨てカイロの使用期限についてはおわかりいただけたでしょうか?

使い捨てカイロは使用期限はありますが、実際超えたところで普通に使えることが多いです。

これはメーカーには工業製品には使用保証を記載する必要があるため書かれています。

ただ、ものすごく使用期限を超えた場合は、流石にわからないので、
その時は新しいものを買ったほうが良いでしょう。

使い捨てカイロは使い終わっても再利用することができます。

ぜひ、使い捨てカイロを最後まで活用するようにしてくださいね。

雑貨カテゴリの最新記事