ランドセルの捨て方 何ゴミで捨てればいい?ランドセルのリメイクができるって本当?

  • 2020.11.22
  • 更新日:2020.12.07
  • 雑貨
ランドセルの捨て方 何ゴミで捨てればいい?ランドセルのリメイクができるって本当?

小学生のお子様がいる場合、毎日使うものといえばランドセルですよね。

小学生の雑な使い方にも耐えるランドセルはとても丈夫で心強いですが、
いつかは壊れたり、ランドセルを卒業する時がきます。

そんな時ですが、ランドセル何ゴミで捨てればいいのでしょうか?
ここではランドセルの捨て方について解説をしたいと思います!
またリメイクについてもご紹介します

Advertisement

ランドセルの捨て方を解説!何ゴミかは自治体によって違う?

ランドセルの捨て方 何ゴミで捨てればいい?ランドセルのリメイクができるって本当?

ランドセルですが、捨て方ってイマイチわからないですよね。

ただランドセルの場合、小学校卒業と共にほぼ役目が終わりますから、
その時になって慌てないために捨て方はしっかり理解しておかないといけません。

Advertisement

ではそんなランドセルの捨て方を解説してきます。

カバン類の場合はほとんどは布製でできているので、
捨てる際には燃えるゴミが多いです。

そして、ランドセルの場合も捨て方として一番多いのは燃えるゴミです。

しかしランドセルの皮の素材によっては燃えるゴミではない場合もあります。

ですので、ランドセルを捨てる際には自治体に問い合わせたり、
購入したランドセルメーカーに話を聞くこともオススメです。

ランドセルの相場ですが、だいたい5万円から7万円ほどと言われています。

一見高そうに見えますが、
小学生が6年間使い倒すと思ったらそこまで高いものではないでしょう。

そしてそのぐらいのランドセルの場合は、たいてい6年間の保証がついています。

ですのでしっかりメーカーがサポートをしてくれてので、
そのようなわからないことがあったらサポートをしてくれます。

またランドセルを捨てる際ですが、金具は燃えるゴミでなありませんので、
外した上でゴミに出すようにしましょう。

このように基本的にはランドセルは燃えるゴミで出すことが可能ですが、
自治体によっては粗大ゴミで出す場合もあります。

これは自治体によって違うので、間違えてゴミを出してしまうと回収されません。

ランドセルが何ゴミかわからない場合は、
事前にしっかりと自治体に確認した上で、ランドセルをゴミに出すようにしてくださいね。

Advertisement

ランドセルのリメイクができるって本当?

ランドセルの捨て方 何ゴミで捨てればいい?ランドセルのリメイクができるって本当?

使用済みのランドセルですが、もちろんゴミとして処分しても良いです。

しかし、ランドセルは上質な皮が使われており、
6年間も使われているため、いい感じに使い古されています。

なので、このランドセルを使って実はリメイクが可能です。

では続いてランドセルのリメイクについて解説をしていきます。

・財布やキーケースに加工

ランドセルの皮を使って財布やキーケースに加工してもらうことが可能です。

これは革製品の工房やランドセルメーカーが行なっていることがあります。

ランドセルの皮から小物を作る際の加工料としてはだいたい1万円前後です。

しっかりとした皮の小物を買う場合はそのぐらいかかりますし、
お手頃の価格でいい感じに熟成された革製品を手に入れることができます。

皮の小物を使っていると大人な感じがしますし、
子供の思い出が詰まったランドセルということで親が使っても良いですね。

・スマホケース

皮の加工にはスマホケースも作ることが可能です。

中学生になるとお子様もスマホを持ち始めることも多いと思います。

その場合、皮のスマホケースを使うとおしゃれですし、
今まで使っていたランドセルがそのままスマホケースとして使えるので、
思い出も継続できます。

一つのものを長く使い続ける大切さも学ぶことができますね。

お子様にとっても思い出のランドセルとずっと共に生活ができます。

・ミニランドセル

ランドセルの形を残したいという方にはミニランドセルもオススメです。

こちらはその名の通り、ランドセルの形をしたミニチュアですね。

小物として飾っておくこともできますし、フィギュアに使っても可愛いですね。

ミニランドセルならランドセルの形のまま邪魔にならず置いておけるので便利ですね。

このように使い古したランドセルは捨てるのでなくリメイクも可能です。

また捨てるやリメイク以外の方法としてはランドセルは寄付をすることができます。

ランドセルの寄付はランドセルメーカーであったり専門の協会があります。

ランドセルは丈夫で長持ちするカバンのため、
海外でランドセルを買うお金がない子供に寄付をされたり、
国内で被災された子供に配られたりします。

このような寄付の仕方もメーカーに問い合わせれば教えてもらえますし、
メーカー自体で回収をしてくれたりします。

ランドセルを捨てるのもいいですが、せっかく利用してもらえるのなら、
寄付で多くの人に使ってもらいたいですよね。

ご自身で納得できる形でランドセルを最後の処分までするようにしてくださいね。

Advertisement

ランドセルの捨て方 何ゴミで捨てればいい?のまとめ

ランドセルの捨て方ですがおわかりになられたでしょうか?

ランドセルは基本は燃えるゴミでも構いませんが、
その際には金具などを燃えないゴミはしっかり外すようにしましょう。

また自治体によっては粗大ゴミの場合もありますので、
事前にしっかり確認をしておきましょう。

そして、ランドセルは捨てる以外にもリメイクをすることも可能です。

質のいい皮のアクセサリーを作ることができるのでオススメです。

その他寄付をすることもできます。

ランドセルの処分の仕方はご家庭によってそれぞれですので、
ご自身の考えに合った方法を取るようにしてくださいね。

雑貨カテゴリの最新記事