使い捨てカイロは何ゴミに出せばいい?

  • 2020.09.14
  • 更新日:2020.10.31
  • 雑貨
使い捨てカイロは何ゴミに出せばいい?

寒い冬に欠かせないのが使い捨てカイロですよね。

手軽に暖がとれる使い捨てカイロは冬の外出時には常に持ち歩いている人も
多いのではないでしょうか?

そんな使い捨てカイロですが何ゴミに出せばいいのかいまいち分かりませんよね。
ここでは、そんな使い捨てカイロは何ゴミかについて、解説をしていきたいと思います。

使い捨てカイロは何ゴミか解説!

使い捨てカイロは何ゴミに出せばいい?

使い捨てカイロですが、何ゴミに捨てればいいのでしょうか?

結論から言えば、燃えるゴミであったり、燃えないごみであったりと、
自治体によって様々です。

Advertisement

どうしてこんなに分かりにくいことになっているのでしょうか?

それでは解説をしていきます。

使い捨てカイロが何ゴミかを理解するためには、
まずは使い捨てカイロが何でできているかを理解する必要があります。

使い捨てカイロは以下の材料から作られています。

・鉄粉
・塩
・水
・バーミキュライト
・活性炭

使い捨てカイロは基本的には鉄の酸化を利用しています。

鉄は空気に触れることによって酸化をして、その結果熱が発生します。

鉄以下の材料はその化学反応をスムーズに行うための材料になります。

そしてこれから分かる通り、使い捨てカイロには鉄が使われています。

鉄は燃えないゴミに分類されることが多いです。

しかし、一方使い捨てカイロ自体は紙に包まれていますね。

燃える紙に燃えない鉄が包まれているため、
燃えるゴミ、燃えないゴミ両方に捉えることができます。

なので、しっかりと分別をしてゴミを捨てる必要がある場合は、
使い捨てカイロの中身は燃えないゴミ、袋は燃えるゴミとして出すのが良いです。

ただ自治体によっては、鉄は少量ですので、
使い捨てカイロはそのまま燃えるゴミで構わないところもあれば、
燃えないゴミが多いということでそのまま燃えないごみに捨てるところもあります。

これらの判断は自治体によって違うので、
迷うことがあれば自治体に確認をしてみることがよいでしょう。

また使い捨てカイロの捨て方にも注意が必要です。

使用済みで冷めてしまった使い捨てカイロを捨てる場合は、
上記のように捨てればOKです。

ただ、未使用の使い捨てカイロを捨てるのは危険が伴います。

未使用の使い捨てカイロをそのまま捨てると当然空気に触れて熱を持つようになります。

使い捨てカイロ自体は熱を持っても最高70度程度までです。

そして、袋は燃えにくい不織布でできていますので、
使い捨てカイロが原因で火事になることは少ないです。

ただそれでもゴミとして出す場合どんなゴミと一緒になるかは分かりません。

使い捨てカイロでも家事の元になることは考えられますので、
未使用の使い捨てカイロの場合は一度使ってから捨てるようにしてください。

また余談ですが使い捨てカイロと似たもので間違いやすいのが、
お菓子などの乾燥剤に用いられるシリカゲルです。

使い捨てカイロの場合水に触れたところでそこまで熱くなることはありません。

しかしシリカゲルの場合は水に触れると100度以上の高温になり、
実際このシリカゲルが原因で家事も起きています。

もしシリカゲル乾燥剤を捨てる際には水に触れないように、
しっかり袋に包んだ状態で燃えるゴミに捨てるようにしましょう。

このように使い捨てカイロは燃えるゴミと燃えないゴミで作られており、
その捨て方は自治体によります。

わからないからといって適当に捨てないで、しっかり確認した上で捨てるようにしてくださいね。

Advertisement

使い捨てカイロの再利用方法ってあるの?

使い捨てカイロは何ゴミに出せばいい?

使い捨てカイロですが、すぐにゴミとして出さずに何か再利用する方法はないのでしょうか?

結論から言えば、あります。

では続いて、使い捨てカイロの再利用方法について解説をしていきます。

・乾燥剤

使い捨てカイロですが実は乾燥剤として利用できます。

使い捨てカイロには上記のように活性炭が使われていますが、
この活性炭は空気中の水分を吸収してくれます。

活性炭の乾燥剤などは100円ショップにも売っていますよね。

使い捨てカイロとして使って、
鉄の酸化が終わっても活性炭はまだ乾燥剤として使用することができます。

なので使い終わった使い捨てカイロをそのまま靴の中やクローゼットの中などに、
置いておけば2,3日は乾燥剤として利用できます。

・消臭剤

使い捨てカイロに使われる活性炭は消臭剤としても使うことができます。

使い方としては乾燥剤と同様に活性炭を使って臭いを吸収することができます。

市販の活性炭でも消臭剤はありますが、
使い捨てカイロの場合は使用後1週間は消臭剤として使用ができます。

使い方もそのまま使い捨てカイロを靴や冷蔵庫に入れるだけでOKです。

このように使い捨てカイロは捨てずに別のものに再利用することもできます。

ぜひ活用してみてくださいね。

Advertisement

使い捨てカイロは何ゴミに出せばいい?のまとめ

使い捨てカイロは何ゴミに出せばいいかについてはお分かりいただけたでしょうか?

使い捨てカイロは燃えるゴミと燃えないゴミから構成されており、
何ゴミかは自治体によります。

ですので分解をするか、事前に自治体に確認をするようにしましょう。

また使い捨てカイロはカイロとして使用後に乾燥剤や消臭剤としても利用できます。

ぜひ使い捨てカイロは使い倒して、ゴミの分別も守ったうえで捨てるようにしてくださいね。

雑貨カテゴリの最新記事