ランドセルがあるのは日本だけ?海外はランドセルってあるの?

  • 2020.11.25
  • 更新日:2020.12.07
  • 雑貨
ランドセルがあるのは日本だけ?海外はランドセルってあるの?

小学校入学を控えているお子様がいる場合、
まず準備をしなくてはいけないのがランドセルですね。

ランドセルは小学校生活の相棒として長年使われているイメージですよね。

しかし、考えてみれば日本にこれだけ浸透しているランドセルですが、
海外にはランドセルってあるのでしょうか?

ここではランドセルがあるのは日本だけなのか、
それとも海外にランドセルはあるのかなどについて解説をしていきたいと思います。

Advertisement

ランドセルがあるのって日本だけって本当?ランドセルの歴史を解説!

ランドセルがあるのは日本だけ?海外はランドセルってあるの?

ランドセルですが、あるのは日本だけと聞いたことがあるかもしれませんが、
これって本当なのでしょうか?

結論から言えば、通学として使われているのは日本だけです。

Advertisement

ランドセルですがその歴史は古く実は江戸時代にはすでにありました。

ランドセルの元となったカバンは、幕末の頃にオランダから輸入された
軍用具の荷物を入れるカバンである「ランセル」です。

それが鈍って「ランドセル」となったとされています。

当時日本は鎖国をしていたので、輸入品はオランダからのみでした。

ですので日本にはオランダ語が語源となっているものが多くあります。

ランドセルの他にも、おてんばやガラスなどもオランダ語が語源となっているのですよ。

そんなランセルは主に軍用のバックパックとして用いられていましたが、
明治に入ると学習院で通学かばんとして採用をされます。

また明治20年には初代内閣総理大臣である伊藤博文が、大正天皇の小学校入学祝いに、
ランドセルを贈ったことで、一般人の間でも広くランドセルが認知をされました。

しかし、当時はまだランドセルは高級品であり、一般庶民は持つことができませんでした。

ランドセルが広く庶民にも広がったのは昭和の高度経済成長の頃です。

ですので、ランドセルの原型は江戸時代の頃にありましたが、
それが小学校の通学の定番として定着するには時間がかかっているのですね。

このように日本には根付いてるランドセルですが、
通学として使われているのは上記の通り日本だけです。

日本がランドセルが一般的なように、海外ではそれぞれ一般的な通学風景があります。

それを少し紹介しましょう。

・アメリカ

アメリカの場合はランドセルは使われておらず普通のリュックなことが多いです。

基本的には自由ですのでキャスター付きのカバンで通っている子も多いとか。

またアメリカの場合はスクールバスが一般的ですので、
取り回しの良い形のものが好まれます。

・イギリス

イギリスでは教科書やノートを持ち帰る習慣がありません。

日本で言う常に「置き勉」状態ですね。

ですので通学にも簡易的なバッグを使うことが多く、
そこにちょっとした筆記用具やプリントを入れる程度だそうです。

・韓国

韓国も基本的にはリュックが使われていますが、
近年はランドセルも人気となっています。

ただし、ランドセルはリュックに比べて高価であるため富裕層の象徴とされています。

ですので、見栄や格差の象徴としてランドセルが挙げられることが多いです。

このように国々によって通学は違うのですね。

ランドセルは6年間使えるように丈夫になっている他に、
子供にも背負いやすいようにできていたり、厚みがあるのでクッションとなって
子供を守るという効果もあります。

ぜひお気に入りのランドセルでお子様を小学校に通わせてあげてくださいね。

Advertisement

海外ではランドセルは大人が使う!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

タテノイ カズエ(@ktnyago_zakka)がシェアした投稿

上記より海外ではランドセルは通学には使わないと書きました。

これはどういうことかと言いますと、実は海外にはランドセル自体はあります。

しかし、なんとこれは小学校の通学アイテムではなく、
大人のファッションアイテムとして今ブームとなっています。

海外での大人のランドセルブームは、アメリカの女優であるズーイ・デシャネルさんが、
ランドセルをつけたことが始まりとされています。

スタイリッシュな服装なのにランドセルを背負ってる姿は、
日本人から見たら少し違和感があるかもしれますが、
海外では最新鋭のファッションとして注目をされています。

海外でランドセルが大人に人気な理由としては、丈夫で可愛いからとされています。

日本のアニメなどでランドセルが登場することから、
ランドセル=可愛いのイメージがつき、
わざわざランドセルを買いに来日をする外国人も多いです。

もしかしたらこの海外のランドセルブームは日本に逆輸入という形で、
日本でも大人がランドセルを使うのが流行るかもしれませんね。

このように海外ではランドセルはちょっと変わった形で流行っています。

ただどんな形であれ日本のものが海外で評価をされるのは嬉しいですね。

これからランドセルがどのように世界に広まっていくかが楽しみですね。

Advertisement

ランドセルがあるのは日本だけ?海外はランドセルってあるの?のまとめ

ランドセルがあるのは日本だけか、
海外にはランドセルがあるのかについてはお分かりになられたでしょうか?

ランドセルを通学として主に使っているのは日本だけです。

しかし、海外の場合はランドセルは大人のファッションアイテムとして今注目をされています。

日本から見たら少し違和感があるかもしれませんが、
それでも日本のものが世界で評価されるのは嬉しいです。

ぜひランドセルがさらに世界で人気になってもらえるといいですね!

雑貨カテゴリの最新記事