ランドセルに書いたボールペンの落とし方!油性マジック編も!

  • 2020.11.26
  • 更新日:2020.12.07
  • 雑貨
ランドセルに書いたボールペンの落とし方!油性マジック編も!

小学生のお子様がいる家庭で、大抵あるものと言えばランドセルですね。

ランドセルは小学校生活の相棒とも言えるのですが、
使うのが小学生な分、使い方はかなり雑ですよね笑

困るのがランドセルにボールペンでいたずら書きをした場合です。
このランドセルに書いたボールペンですが、落とし方はあるのでしょうか?
ここではランドセルに書いたボールペンの落とし方について解説をしていきます。

Advertisement

ランドセルに書いた落書きの消し方:ボールペン編

ランドセルに書いたボールペンの落とし方!油性マジック編も!

子供がよくしてしまうのがランドセルへの落書きです。

ランドセルはできるだけ長く綺麗に使ってもらいたいですし、
落書きも綺麗に落としたいですよね。

Advertisement

ただもしあまりにも落書きが酷かったり、傷がついているようでしたら、
ランドセルのメーカーに問い合わせることも可能です。

ランドセルを買った場合、極端に安いランドセルなどでなければ、
6年間のメーカー保証がついていることが多いです。

なのであまりに汚れていたらメーカーに問い合わせてみましょう。

ただちょっとした落書きや汚れであったら自分で綺麗にしたほうが早いですよね。

ランドセルに書かれたボールペンの落とし方は実際あるのでしょうか?

結論から言えば、あります。

ではその方法を解説していきます。

ランドセルに書いたボールペンの落書きを消す方法は以下の通りです。

・消しゴムでこする

消しゴムでこすることによって、ボールペンのインク部分を落とすことができます。

ただこれはインク部分を削っているという感じになります。

ですので強くこすり過ぎると今度はランドセルが傷ついてしまう恐れがあります。

ランドセルに限らず、ボールペンを消すようの固い消しゴムもあります。

もし普通の消しゴムで消えない場合は、そのような製品を試してみると良いでしょう。

・メラミンスポンジを使う

近年人気のお掃除アイテムがメラミンスポンジですね。

メラミンスポンジですが、お掃除に限らず落書き消しにも使うことができます。

メラミンスポンジは簡単に言うと強い摩擦力があるスポンジです。

ですので原理は上記の消しゴムと同じでインクを削る感じですね。

ただメラミンスポンジの場合はより摩擦が強いので、
強く擦るとランドセルがボロボロになってしまうので注意をしてください。

メラミンスポンジは100円ショップにも売ってますので手軽に手に入れることができますよ。

・水のりを使う

インクが浸透をしていない場合でしたら、学校で使うような水のりを使えば、
ボールペンの落書きを落とすことができます。

使い方といては、ボールペンの落書き部分に水のりをつけて乾かしたら、あとは剥がすだけです。

とりもちの要領でインクを剥がすことができます。

・クレンジングオイルを使う

油性の強いインクの場合はなかなかボールペンの落書きを落とすことができません。

背の場合はクレンジングオイルを使うと落としやすいです。

綿棒やコットンにクレンジングオイルを染み込ませます。

そして、それをボールペンの落書きにトントンと叩くようにしましょう。

そうすることでボールペンのインクを生地に移すことができます。

ただクレンジングオイルの場合、
成分が強いのでランドセルによってはシミになってしまうこともあります。

なのでクレンジングオイルを使う際には、
一度ランドセルの目立たない場所で試してみてから使うようにしてください。

このようにランドセルにボールペンの落書きをされてしまった場合も、
やり方によってはある程度は落とすことができます。

ちなみにこれらの落とし方は油性のボールペンであり、
水性のボールペンでしたら水拭き雑巾で擦れば落とすことができます。

ぜひ試してみてくださいね。

Advertisement

ランドセルに書いた落書きの消し方:油性マジック編

ランドセルに書いたボールペンの落とし方!油性マジック編も!

ランドセルの落書きはボールペンでも厄介なのですが、
もっと厄介なのが油性マジックですね。

油性マジックだと目立つ上にさらに消すのも大変になります。

ランドセルに書いた油性マジックでの落書きですが、消す方法はあるのでしょうか?

結論から言えばあります。

では続いてランドセルに書いた落書きで油性マジックの消し方を紹介します。

・サラダ油を使う

油性マジックは油と反応をして落とすことができます。

ですのでご家庭にあるサラダ油を綿棒や布に染み込ませて、
ランドセルを拭けば落としやすくなります。

・除光液を使う

マニキュアを落とす際に使う除光液には油を溶かす成分が入っています。

ですので油性マジックの汚れを落とすことができます。

普段除光液を使わない人でも除光液は100円ショップに売っているので、
手軽に手に入れることができますよ。

これらの汚れの落とし方はランドセルに限らず、
部屋の壁などに落書きをされてしまった場合も有効です。

ぜひ試してみてくださいね。

Advertisement

ランドセルに書いたボールペンの落とし方のまとめ

ランドセルに書いたボールペンの落とし方についてはおわかりいただけたでしょうか?

ランドセルに書いたボールペンの汚れは厄介な汚れですが落とすことは可能です。

そのほか、油性マジックでもやり方によっては落とすことができます。

ランドセルは小学生の間に大切に使ってもらいたいですよね。

そのことをわかってもらうためにも、ランドセルの汚れは
しっかりと落とすようにしてくださいね。

雑貨カテゴリの最新記事