イサキのスーパーでの値段 相場は?実はお手頃価格で食べられます

イサキのスーパーでの値段 相場は?実はお手頃価格で食べられます

イサキって美味しいですよね。

旬の時期のイサキになると身もぷりぷりで脂も乗っているため、
刺身や焼き魚、煮魚など何でも美味しく食べることができます。

しかし、そんなイサキですが料理屋さんで食べることはあっても、
スーパーで買うという人は少ないかもしれません。
イサキのスーパーでの値段の相場はどのくらいかわかりますか?
ここでは魚釣りが大好きな筆者がイサキのスーパーでの値段について解説していきます!

Advertisement

イサキのスーパーでの値段 相場は?実はお手頃価格で食べられます

イサキのスーパーでの値段 相場は?

イサキのスーパーでの値段の相場は実はよく知らないですよね。

イサキをスーパーで買うとしたらどのくらいになるのでしょうか?

結論から言えば、時期にもよって異なりはしますが大体一匹500前後のことが多いです。

では詳しく解説をしていきましょう。

Advertisement

イサキはスズキの仲間に分類される魚です。

主に暖かい海域を分布をしており、日本全国で釣ることはできますが、
特に西日本、九州で盛んに獲られています。

ちなみにイサキが最も水揚げをされているのは長崎県になります。

長崎県は日本屈指の釣りスポットとしても有名ですね。

そんなイサキですが、美しい白身と淡白な味わいでどんな料理にも合う人気の魚です。

刺身や寿司、カルパッチョにしてももちろんありますし、
ムニエルや焼き魚、煮魚にしてもどれも美味しく味わうことができます。

イサキの旬は5月から7月になります。

この時期のイサキは産卵を控えており、体力をつけるためにまるまると太っています。

身にも脂が乗ってより美味しく味わえるだけでなく、
卵や白子も美味しく味わうことができますよ。

スーパーにイサキが出回るのはこの5月から7月を含んで、
さらにその後の11月ぐらいになります。

イサキは群れで泳いでいるため、たくさん獲ることができます。

なのでお値段としては一般的なサイズである30センチ前後でしたら500円ほどになります。

それよりも小ぶりなサイズとなると300円前後で買うことができます。

イサキはお高いイメージがあるかもしれませんが、実際見ると割とお手頃価格ですよね。

しかし、イサキの値段には幅もあり、高いものになると数千円になることもあります。

ただこのようなイサキの場合は仲買の時点で高級店に出回るので、
普通のスーパーには出回ることはありません。

ぜひイサキをお安くゲットして、美味しく味わうようにしてくださいね。

Advertisement

イサキを美味しく食べるにはどうしたらいい?

イサキのスーパーでの値段 相場は?

せっかくイサキを買うのなら美味しく食べたいですよね。

では、続いてイサキを美味しく食べる方法について解説をしていきたいと思います。

・イサキの目の色を見る

まずはスーパーでイサキを買う場合です。

イサキが捌かれておらず、そのまま買う場合ですが、イサキの目を見るようにしましょう。

イサキの目が黒々としているものを選んでください。

イサキの目は大きいため確認がしやすいはずです。

イサキの目が黒々としている場合は新鮮な証拠です。

逆にイサキ目が濁っている場合は鮮度が落ちていることがあるので、
選ばないようにしましょう。

・お腹に張りがある

イサキを買う際にはお腹もチェックをします。

お腹が膨らんでおり、張りがあるものを選んでください。

お腹に張りがある方が、身がぎっしり詰まっていて新鮮です。

・買ったら内臓の処理をしておく

イサキを買った場合、内臓の処理は早めにするようにしましょう。

内臓を取らないと、身に内臓の臭みが移ってしまいます。

イサキを捌いて内臓を取ったらそのまま冷蔵庫に保管をしておいて大丈夫です。

ちなみに魚の内臓って処理がめんどくさいですよね。

もちろんそのまま生ゴミとして捨てるのも良いですが、
夏場だとそれでも臭いはやっぱりきついですよね。

魚の内臓のゴミですが、処理をする際個人的におすすめな方法としては、
冷凍をさせてしまうことです。

魚の内臓をビニール袋に入れてしっかりと結んだらそのまま冷凍庫に入れておきましょう。

冷凍をすることで生ゴミの嫌な匂いを抑えることができますし、
捨てる際には直前まで凍らせておけば気になることもありません。

おすすめですよ。

Advertisement

・旬の時期を狙う

上記の通り、イサキの旬は5月から7月の産卵シーズンです。

この時期のイサキは脂も乗っており、卵や白子も美味しく味わうことができます。

逆にこの時期以降のイサキは獲れることは獲れるのですが、
産卵で体力を失った個体が多く、脂も乗っていないことが多いです。

これはどんな魚にも言えることですが、やはり旬な時期に美味しく味わうようにしましょう。

イサキですが、調理方法は何でもOKです。

その日の献立に合わせて、色々と調理してみましょう。

ぜひイサキをしっかり選んで、美味しく味わってくださいね。

イサキのスーパーでの値段 相場は?実はお手頃価格で食べられますのまとめ

イサキはスズキの仲間の魚です。

旬は5月から7月に迎えて、スーパーでは一匹500円前後で買うことができます。

大きいものの場合数千円を超えることもありますが、
そのような個体はスーパーに並ぶことはないでしょう。

イサキは高級なイメージがあるかもしれませんが、意外とお手頃価格で食べられます。

イサキを買う際にはしっかりと目利きをすることでさらに美味しく食べることができます。

ぜひイサキを買って、美味しく味わってくださいね。

料理グルメカテゴリの最新記事