焼き芋の消費期限はどのくらい?

焼き芋の消費期限はどのくらい?

焼き芋って美味しいですよね。
ホクホクの食感と自然な甘さで秋と冬の風物詩ともいえます。
ただそんな美味しい焼き芋をついつい作りすぎてしまったということもあると思います。
焼き芋の消費期限はどのくらいなのでしょうか?
ここでは焼き芋の消費期限について解説をしたいと思います。

Advertisement

こちらも読まれています

焼き芋を美味しく食べる再加熱の方法

焼き芋の消費期限はどのくらい?

焼き芋の消費期限はどのくらい?

焼き芋の消費期限ですが一体どのくらいなのでしょうか?

解説をしていきたいと思います。

Advertisement

焼き芋の消費期限ですが、結論から言うと保存方法によって違います。

常温保存なら大体5日程度、冷凍保存なら1週間程度、
そして冷凍保存なら1ヶ月から2ヶ月は持ちます。

ではそれぞれについて詳しく解説をしていきます。

・常温保存

焼き芋ですが、常温保存が可能です。

もともと焼き芋は水分が少なく、保存には優れているので、
すぐに痛むと言うことはありません。

ただ時間が経つと、焼き芋のホクホクとした食感やしっとりとした水分が
失われてしまいますので注意をしましょう。

常温といっても季節によって保存期間も異なります。

冬の時期でしたら、上記のように5日程度持つかもしれませんが、
夏場や梅雨時期などの湿気が多いシーズンでは、
消費期限はさらに短くなります。

ですので、やはりできるだけ早く食べるにこしたことはありません。

古くなった焼き芋を食べる際には匂いなどを確認して、
酸っぱい匂いしがしないかや、変な粘り気がないかなどを確認しておきましょう。

食べる際には電子レンジやオーブントースターで加熱をすると、
焼きたてのように食べることができます。

・冷蔵保存

焼き芋は冷蔵保存も可能です。

食べきれなかった焼き芋をちょっとの間保存するとなると、
冷蔵保存の方が良いでしょう。

ただ、冷蔵庫の内部は意外と乾燥をしています。

ですので、そのままの状態で置いておくとすぐパサパサになってしまうので、
新聞紙やラップに包んだ状態で野菜室で保存をしておくのがオススメです。

野菜室は普通の冷蔵室に比べて水分も多くなってします。

ぜひ活用するようにしましょう。

冷蔵保存した焼き芋を再加熱する際には、電子レンジやオーブントースターを利用しましょう。

電子レンジの場合は、解凍モードでゆっくり加熱することで水分を飛ばさずに
焼きたての状態に戻すことができます。

またオーブントースターを使う際には、一度全体を軽く濡らしてから、
温めるといいですよ。

他にも蒸し器を使って温めると、水分が戻ってしっとりとした焼き芋を作ることができます。

ぜひ試してみてくださいね。

・冷凍保存

一番消費期限を伸ばす方法としては、冷凍保存になります。

焼き芋を冷凍保存することで、1ヶ月から2ヶ月の保存が可能になります。

冷凍した焼き芋を焼き芋にする際には、600Wの電子レンジで2分ほど温めたら、
あとは10分ほど解凍モードでゆっくりと加熱していきます。

そうすることで、焼きたての焼き芋を味わうことができます。

一口サイズに保存をしておくと、食べたいときに焼き芋を食べることができますね。

また焼き芋ですが、冷凍をした後に、常温で放置して半解凍させると、
そのまま焼き芋アイスとしても食べることができます。

冬にコタツに入って食べる焼き芋も美味しいですし、
ぜひ試してみてくださいね。

Advertisement

消費期限と賞味期限の違いについて解説!

焼き芋の消費期限はどのくらい?

上記では焼き芋のだいたいの消費期限を説明しました。

消費期限とよく似た言葉で賞味期限というのがありますよね。

この違いは一体なんなのでしょうか?

ここでは、知っているようで意外と知らない消費期限と賞味期限の違いについて
解説をしていきます。

まず、スーパーでメーカーが製造している製品を見ていると、
機嫌がパッケージされていますよね。

あれの場合、多くは賞味期限が定められています。

ちなみにスーパーでは生鮮食品には消費期限や賞味期限の
記載義務がないので、サツマイモもそのまんま売っていますよね。

賞味期限はメーカーが定める、製品を美味しく食べられる期限になってします。

そして消費期限ですが、消費期限はメーカーが定める製品が
安全に食べられる期限となっています。

ですので基本的には、賞味期限は消費期限より短くなっています。

一概には言えないのですが、大体の目安として、製品にパッケージされている、
賞味期限に1.2倍程度したものが消費期限となっています。

なので上記の焼き芋の消費期限も基本的には目安であり、
味でいうとやはり焼きたて新鮮な焼き芋に比べると落ちてしまいます。

焼き芋のほんのりとした優しい甘さはデンプンによるものです。

このデンプンは時間が経つと劣化をしてしまうので、
焼き芋本来の甘さを楽しむことができません。

焼き芋を食べる際はやっぱり焼きたてが一番ということを覚えておいて、
それでも食べきれない場合は保存をしてできるだけ早く食べるようにしてくださいね。

Advertisement

焼き芋の消費期限は?のまとめ

焼き芋の消費期限についてはおわかりいただけたでしょうか?

焼き芋の消費期限は保存方法によって異なります。

また、消費期限はギリギリになってしまうと、
賞味期限としてはきれていることになるので、味はどうしても落ちてしまいます。

焼き芋はやはり焼きたてが一番です。

できるだけ焼き芋は美味しく食べられるように工夫をしてみてくださいね!

こちらも読まれています

焼き芋を美味しく食べる再加熱の方法

料理グルメカテゴリの最新記事