アドベントカレンダーはいつからいつまで使うの?

  • 2020.10.06
  • 更新日:2020.11.29
  • 雑貨
アドベントカレンダーはいつからいつまで使うの?

アドベントカレンダーはご存知でしょうか?
アドベントカレンダーは欧米では一般的なカレンダーなのですが、
近年日本でも人気を集めています。

Advertisement

もしかしたら名前は聞いたことがあるという人が多いかもしれないですね。

ただ実際アドベントカレンダーがどういうものかは知らない人が多いかもしれません。

ここでは、そんなアドベントカレンダーについて解説をしていきたいと思います。

Advertisement

アドベントカレンダーって何?いつからいつまでのカレンダー?

アドベントカレンダーはいつからいつまで使うの?

ではアドベントカレンダーとは一体何なのでしょうか?

まずはアドベントカレンダーについて解説をしていきたいと思います。

Advertisement

アドベントカレンダーですが、クリスマスまでのカウントダウンに用いられるカレンダーです。

アドベントカレンダーのアドベントは待降節を意味します。

つまり聖なるイエスキリストの生誕祭までを待っている期間のことですね。

そしてそんなカレンダーということで、アドベントカレンダーは基本的には
12月のみのカレンダーとなっています。

12月の1日から24日までのカレンダーとなっていて、
これによって、クリスマスまでのカウントダウンをすることができます。

子供のころってプレゼントがもらえるクリスマスが待ち遠しかったですよね。

そんな期間を楽しくアドベントカレンダーは、確かに子供へのプレゼントにもぴったりですね。

アドベントカレンダーの特徴ですが、カレンダーといっても様々なタイプがあることです。

可愛いイラストが描かれたポストカードタイプでは、
日付の場所をめくるとイラストやメッセージが見れたりするので、
大人でも集めたくなります。

また、ボックスタイプのものもあって、その場合はカレンダーの日付の場所が、
引き出しになっていたり、窓のようになっているものあります。

そこにお菓子が入っているものが多く、子供達はそのお菓子を食べながら、
クリスマスを待つという仕組みになっています。

お菓子をちょっとずつ食べながらクリスマスを待つというのも、
子供達にとってはワクワクするでしょうね。

その他、キャラクターとのコラボのアドベントカレンダーや、
レゴで作られたものなど、今アドベントカレンダーは様々なタイプが出ています。

本格的なものの場合はその分お値段も張りますが、
簡単なポストカードタイプでしたら500円程度で買えますので、集めるのも楽です。

クリスマスシーズンになると、雑貨屋さんや、輸入雑貨店に、
アドベントカレンダーも売られるはずですので、
ぜひ自分のお気に入りのものを見つけてみてくださいね。

Advertisement

アドベントカレンダーの歴史を紹介!

アドベントカレンダーはいつからいつまで使うの?

そんなアドベントカレンダーですが、日本では最近やっと馴染み深くなってきました。

しかし欧米では昔から一般的でありました。

やはりそこはキリスト教が一般的となっている国だからなのでしょうね。

続いてアドベントカレンダーの歴史を紹介したいと思います。

アドベントカレンダーのアドベント、つまり待降節ですがこの歴史はとても古いです。

待降節自体は5世紀の後半ごろには行われていたとされ、
その時期はクリスマス前に断食をすることで身を清めていたとされます。

今はクリスマスといえばむしろチキンやパーティーなど、
豪華な食事をしながら楽しむというイメージですが、
昔はもっと厳かに行われていたのですね。

厳格なキリスト教徒の方は、今でもアドベントの時期に断食をするという人もいるようです。

そして待降節のころはクリスマスの4週間前の日曜日から、クリスマスイブにまで、
毎週日曜日にリースに火をつけることで、クリスマスの期間を待っていました。

そしてこれがアドベントカレンダーの源流になっています。

現在のようなアドベントカレンダーに近くなったのは、19世紀終わりのドイツからです。

ドイツのとある一般的な家庭で、その家庭の子供はクリスマスを毎年楽しみにしていました。

なので母親にクリスマスシーズンになると、
いつクリスマスが来るのかと尋ねるようになりました。

そんな子供に対した母親や愛情を持って、ドイツの伝統的なお菓子であり、
レープクーヘンを24個作り、それをクリスマスまでの間、1個ずつあげていきました。

子供は大変喜び、レープクーヘンの数を数えながら、
クリスマスまでの日数を数えて待ちました。

そしてそんな子供が成長し、大人なった際にこの母親のアイデアを広めたいと思いました。

その方は箱型のカレンダーを作り、そこの24個の窓をつけて、
その中にお菓子を入れるようにしました。

これが今のアドベントカレンダーの始まりであり、ドイツで大流行をしたことで、
アドベントカレンダーは世界中に広がっていきました。

ドイツのとある家庭のアイデアが世界に広まっていったというのは、
なんだかとても素敵ですね。

Advertisement

アドベントカレンダーはいつからいつまでのまとめ

アドベントカレンダーがいつからいつまでかについてはおわかりいただけたでしょうか?

アドベントカレンダーはクリスマスまでの日数を数えるのものであり、
12月の1日から24日までのカウントダウンとなっています。

そして、このアドベントカレンダーはとあるドイツの家庭から
世界中に広がっていきました。

もしクリスマスを待ち望んでるお子様がいらっしゃったら、
ぜひアドベントカレンダーで一緒にクリスマスまでを楽しんでくださいね。

こちらも読まれています↓↓
⇒⇒アドベントカレンダーはどこで買えるの?

雑貨カテゴリの最新記事