Uber Eats(ウーバーイーツ)のスシローやその他寿司を解説します

Uber Eats(ウーバーイーツ)のスシローやその他寿司を解説します

Uber Eats(ウーバーイーツ)って便利ですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は新しい形として注目をされており、

身近にもUber Eats(ウーバーイーツ)を利用したり、

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達している人もいるのではないでしょうか?

筆者の友人もUber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーになっていて

運動も兼ねてパートナーになっている人がいます。

街中でも「Uber Eats」のカバンで自転車をこいでいる人を見かけますよね。

そんなUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、飲食なら何でも対応をしているわけではありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用できる飲食店はある程度限られてはいますが、

寿司はUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できるのでしょうか?

スシローなどのチェーン店やそれ以外の寿司も気になります。

ここでは、最近はやりのUber Eats(ウーバーイーツ)でスシローなどの寿司を食べられるか解説します!

>>Uber Eats フード注文はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のスシローを解説

ウーバーイーツのスシローやその他寿司

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)でスシローは注文できるのでしょうか?

結論から言えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)でスシローの注文はできます。

Advertisement

スシローは早くよりUber Eats(ウーバーイーツ)に力を入れており、

現在東京と大阪、名古屋での一部店舗によってスシローのUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できます。

基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)が利用ができるのは都市部の繁華街が多いです。

ですので、オフィスなどが中心部にある場合は、

Uber Eats(ウーバーイーツ)でスシローが利用できる可能性があるので

Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトで検索してみましょう。

 

「Uber Eats」で検索すればすぐにできます。

ではUber Eats(ウーバーイーツ)でスシローを利用するの場合は、どのような形態になるのでしょうか?

普通のスシローの回転寿司のように、一貫ずつ注文することができるのでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)でスシローを注文する場合は基本的には

お寿司のパックで注文するという形になります。

 

店舗でのお持ち帰りのように、お寿司のネタを選べるということもなく、

スーパーのお寿司のパックのように、決められたものを選びます。

 

ただそれでもスシローの場合は、バラエティ豊かな寿司のセットを選ぶことができます。

 

基本となるネタが入ったセットから、マグロを中心にしたもの、

そしてちらし寿司までUber Eats(ウーバーイーツ)でそれぞれ注文することができます。

 

また何気に嬉しいのが、サイドメニューまで注文できることです。

 

もちろん全てのサイドメニューがUber Eats(ウーバーイーツ)できるわけではないですが、

海鮮唐揚げや天ぷらなどが出来るのは嬉しいですね。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)で運ぶのでそれぞれが最大4人前となっていますが、

複数人で利用すればお寿司パーティーも簡単に出来そうですね。

 

都市部の場合は、車がないことも多いためその場合に

お持ち帰りの寿司を持って帰るのは結構大変です。

 

そのような時にUber Eats(ウーバーイーツ)を利用するのはとても便利でしょう。

 

スシローはUber Eats(ウーバーイーツ)に早くから力を入れており、

スシローの場合はなんと2017年からすでにUber Eats(ウーバーイーツ)のサービス提携をしました。

 

2017年はまだUber Eats(ウーバーイーツ)も一般的ではなく、

相当早くから目をつけていたのでしょうね。

 

そして、スシローはUber Eats(ウーバーイーツ)に力を入れている通り、

メニューだけでなく、注文も1品から出来たり、Uber Eats(ウーバーイーツ)受付時間も

閉店間近までやっているなど、特に便利になっています。

 

値段ももちろんサイズによりますが、配送料含めて1000円前後で注文ができますので、

ふとお寿司が食べたくなった時などに利用ができますね。

>>Uber Eats フード注文はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のスシロー以外の寿司を解説

ウーバーイーツのスシローやその他寿司

Uber Eats(ウーバーイーツ)でのスシローの利用はできましたが、

近くにスシローの店舗がない場合、

Uber Eats(ウーバーイーツ)で寿司を食べることができるのでしょうか?

 

結論から言えば、大抵できます。

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)は都市部を中心に提携をしている店が多く、

店側のコストも少ないため、チェーン店から個人店まで多くのお店が提携をしています。

 

ですので、スシローに限らず多くのお寿司屋さんがUber Eats(ウーバーイーツ)を利用できます。

 

チェーン店でいうと、はま寿司やかっぱ寿司もUber Eats(ウーバーイーツ)の利用が可能です。

 

また海鮮でなくても、配達圏内に店があるならば肉寿司のお店も

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用が可能でした。

 

またお寿司の海鮮だけでなく、最近よく見かけるワンコインの海鮮丼系は、

むしろ出前を中心にやっているので、Uber Eats(ウーバーイーツ)との相性がいいです。

 

このようなお店が近くにある場合は大抵Uber Eats(ウーバーイーツ)が利用できて、

あの「Uber Eats」が目印の自転車やスクーターですぐ届けてくれます。

 

ただチェーン店でない場合は、一定数以上の注文をしなくてはならなかったり、

対応時間が短かったりと、すぐに気軽にお寿司を食べることができないことも多いです。

 

その場合はやはりスシローのUber Eats(ウーバーイーツ)が便利ですので、

うまく使い分けるようにしてくださいね。

>>Uber Eats フード注文はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のスシローやその他寿司のまとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)が急速に広がっていくことによって、

より気軽に外食を楽しむことができるようになりました。

>>Uber Eats フード注文はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーになる人も

自分の好きな時間にUber Eatsで配達をすることができるとあって、

やりやすいという評判です。

 

今はUber Eats(ウーバーイーツ)は都市部を中心としていますが、

今後は全国に広がって、寿司に限らず多くの外食がより気軽に

味わうことができるようになれば良いですね!

こちらも読まれています↓↓
>>Uber Eats(ウーバーイーツ)でラーメン二郎を頼む

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)のすき家とその他牛丼を解説します

 

Uber Eats フード注文はこちら

料理グルメカテゴリの最新記事