一人暮らしで初期費用のお金がない!でもこうすれば大丈夫!

  • 2020.11.11
  • 更新日:2020.11.29
  • 生活
一人暮らしで初期費用のお金がない!でもこうすれば大丈夫!

この春から新生活として一人暮らしを始める方も多いと思います。

初めての一人暮らしの場合はワクワクもしますが、
その分わからないことも多いですよね。

特に不安なのが一人暮らしを始める際の初期費用です。

初期費用のお金がない場合、一人暮らしを始めることはできるのでしょうか?
ここでは一人暮らしの初期費用や、お金がない場合の対策について解説をしていきます。

Advertisement

一人暮らしの初期費用について!どのくらいかかる?

一人暮らしで初期費用のお金がない

まず一般的にですが、一人暮らしの初期費用はどのくらいかかるのでしょうか?

結論から言えば、一人暮らしの初期費用としては40万から50万ほどかかることがあります。

一人暮らしの際の主な初期費用としては以下のようなものがあります。

Advertisement

・敷金

退去時家の修繕等に使われる賃貸の代表的な初期費用ですね。

敷金の一般的な相場としては、家賃の1ヶ月から2ヶ月ほどになります。

敷金が0を売りにしている賃貸もありますが、
この場合は初期費用を抑えることはできますが、
結局退去時に今度は費用がかかります。

どちらがいいかは人によりけりですので、好きな方を選ぶようにしましょう。

・礼金

礼金は入居時に大家さんに支払うお金ですね。

礼金も一般的には家賃の1ヶ月から2ヶ月分になります。

この敷金礼金が賃貸入居時にかかる代表的な初期費用です。

賃貸の情報にもこの2つの記載は必ずあります。

賃貸によっては礼金は0のところもありますので、
しっかり確認するようにしてくださいね。

・仲介手数料

また不動産仲介会社を利用して賃貸を契約した場合には、
手数料として仲介手数料を支払います。

これは上限は家賃の1ヶ月分と定められています。

この仲介手数料は仲介会社によっては低く定められているところもありますので、
仲介業者もしっかり選ぶようにしましょう。

・引っ越し費用

一人暮らしを始める際には引っ越し費用も発生します。

引っ越しの費用は荷物や距離、時期によって大きく変動します。

引っ越しシーズンである3月4月は繁忙期で料金も高い上に、
予約を取るのも大変です。

そうなると一人暮らしの引っ越し費用だけでも7万円から10万円にもなります。

他にも鍵の交換代であったり、保証会社利用料や火災保険料などのお金がかかります。

そのようなお金が積み重なると上記のように、
40万から50万円にも初期費用がかかってしまいます。

親の援助を頼める場合にはいいかもしれませんが、
そうでないと少し厳しいですよね。

では続いて、初期費用のお金がない場合の対策について解説をしていきます。

⇒⇒単身者専用パック|ハイ・グッド引越センター

一人暮らしの初期費用のお金がない!どうすればいい?

一人暮らしで初期費用のお金がない

一人暮らしの初期費用のお金がない場合ですが、対策はあるのでしょうか?

結論から言えば、対策はあります。

では初期費用のお金を浮かす対策を解説していきます。

・家賃の低い賃貸を借ります。

平均的な相場の部屋を借りるとやはり初期費用もかかってしまいます。

ただ初期費用は基本的には家賃ベースになっているので、
家賃を抑えることによって、初期費用を抑えることができます。

また家賃が入居後数ヶ月は発生しないフリーレントなども近年は多くなっています。

他にもルームシェアやシェアハウスの賃貸は、家賃が低く抑えられている上、
家には誰かしらの人がいる安心感がありますね。

・敷金礼金0の賃貸を借りる

賃貸によっては敷金礼金が0のものもあります。

これだけで10万円以上の初期費用を浮かすことができるので、
かなりの節約になりますね。

ただ敷金礼金が0といっても、その場合修繕費は退去時に請求をされるので気をつけましょう。

また敷金礼金0というのはあまり借り手がつかなく、
初期費用を浮かせたい人に向けて決められていることが多いです。

ですので古い賃貸であったり、アクセスが悪いなど、
あまり良い条件ではない賃貸が多いことを認識しておきましょう。

・寮に入る

会社や学校によっては寮があるので、初期費用を大きく浮かすことができます。

筆者の場合は、大学進学時に状況をしたのですが、最初の2年間は寮に入りました。

というより2年しかいられなかったのですが…笑

寮ですと東京なのに家賃が月5000円ほどでしたし、
上記のような初期費用がほとんどかかりません。

大学の友達も早くできましたし、個人的には寮はかなりオススメです。

また自治体によっては東京に他県の県営の量があったりするので、
そこに入れるとかなり費用を浮かすことができます。

・引っ越しを自分でする

単身での引っ越しの場合は荷物もそこまで多くないので、
頑張れば自分でも引っ越しを行うことができます。

力仕事を頼める友人がいれば、力を借りることもオススメです。

他にも家具付きの賃貸であったら、家具を買うお金や、
引っ越し費用も抑えられるのでオススメですね。

このように初期費用をうまく抑えることができれば、
お金がない場合でも十分に一人暮らしを始めることができます。

ぜひしっかり工夫をした上で、納得のできる一人暮らしを始めてくださいね。

こちらも読まれています↓↓
⇒⇒単身引っ越し価格の相場は県外の場合いくらぐらい?

⇒⇒一人暮らしの初期費用は20万〜25万くらいで大丈夫ですか?いくらかかりますか?

Advertisement

一人暮らしで初期費用のお金がない!でもこうすれば大丈夫!のまとめ

一人暮らしで初期費用のお金がない場合についてはお分かりになられたでしょうか?

一人暮らしの初期費用ですが、結構かかります。

ですが、工夫次第ではそれらは抑えることができるので、
自分で考えて初期費用を抑えるようにしましょう。

そして、せっかくの一人暮らしをぜひ楽しんでくださいね!

⇒⇒単身者専用パック|ハイ・グッド引越センター

生活カテゴリの最新記事