高齢一人暮らし安心サービスのまとめ

高齢一人暮らし安心サービスのまとめ

高齢一人暮らし安心サービスのまとめ

今、日本では超高齢化社会が進んでいます。

少子高齢化や核家族化が進んできおり、

高齢のご両親が地元で一人暮らしをしているという方も

多いのではないでしょうか?

 

仕事のためで仕方ないとは言え、

高齢のご両親を一人で残しているのはやはり心配ですよね。

 

しかし、今はそんな高齢一人暮らしの方や、またそのご家族に向けた

安心サービスというのも充実しております。

 

高齢になると、いつどんな状況になるかわからないですし、

家族のためにもこのような安心サービスを考える人も多いです。

 

ここでは高齢一人暮らしのご両親を持つ方に向けて、

安心サービスの種類や仕組みについて解説をしていきたいと思います!

Advertisement

高齢一人暮らし安心サービスの種類

高齢一人暮らし安心サービスのまとめ

高齢一人暮らしの安心サービスですが、大きく分けて3つのタイプに分かれます。

居住サービス型

一つは居住サービス型。

これはデイケアや老人ホーム、介護施設などと言った方がわかりやすいかもしれません。

実際にご高齢の方が施設に居住するという形で、

預かってもらえ、24時間体制で介護士さんがついてくれるので、

安心感があります。

 

しかし、この居住サービス型の場合は入居審査があり、

基本的には高齢で認知などの状態が悪い人が優先的に入居になります。

 

ですので、高齢一人暮らしの両親が心配だけど、

認知症などの心配がないという人はケアセンターに入るのは難しいです。

住宅提携サービス型

もう一つは住宅提携サービス型。

こちらは賃貸住宅や介護施設などが定型していることが多い、

高齢一人暮らし向けの安心サービスです。

 

この場合は、こちらの高齢一人暮らしの方が賃貸に住んでいる場合、

このサービスを結ぶことで、定期的な電話や利用者からの電話相談、

緊急時の駆けつけ支援などを引き受けてくれます。

 

不動産管理会社が安否確認をする際にも使われており、

万が一の時にも迅速な対応ができるため

安心して任せることができます。

 

こちらは賃貸でそのようなサービスがすでについている物件もあり、

高齢者一人暮らしの方の場合はそのようなアパートに入ることもありでしょう。

 

持ち家の場合は、地域によってはこのようなサービスを受けられない可能性もあります。

ですので、このような住宅提携サービスを利用する場合は、

まず高齢一人暮らしのご両親が加入できるか確認する必要があります。

訪問看護

そして訪問看護です。

病院によっては医師や看護師、リハビリ技師などが

家庭にまで来てくれて、診察をしてくれるサービスもあります。

 

家にいながら病院と変わらないサービスを受けられるので安心ですね。

 

しかし訪問看護の場合は、あくまで患者の調子を診ることのみです。

 

訪問看護の経過の中で入院が必要になれば入院処置となりますが、

一人の時に万が一何か起きた場合には高齢者自身で対応する必要があります。

Advertisement

高齢一人暮らし安心サービスいろいろ

高齢一人暮らし安心サービスのまとめ

では具体的に高齢一人暮らし安心サービスは具体的に

どのようなことをしれくれるのでしょうか?

 

それぞれ説明していきましょう。

・居住サービス型

ケアセンターの場合は、もちろん居住審査に通らなくても、

日帰りケアなどを行うことができます。

 

その場合は、入居者と一緒にレクリエーションや食事を取ることができます。

またお一人で入浴が困難な場合は、介助付き入浴も可能になります。

 

当日は車で迎えに来てくれることがほとんどですので、

ケアセンターが遠かったり、遠くに歩くのが困難な場合にも

安心して任せることができます。

 

ただこれらのデイケアを利用していたとしても、

基本的には高齢一人暮らしであることがは変わらず、

この場合、緊急時には自分で対応することが必要です。

 

ですので、ご両親が高齢一人暮らしの場合でも、

前もって緊急時にはどうすればいいか相談しておくと良いでしょう。

・住宅提携サービス型

こちらの場合は定期的な電話確認や相談を

専門家が行なってくれるので、離れていても安心ですね。

 

また業者によってはメールなどで自分宛にも

安否確認の結果を知られてくれるので、安心感もあります。

 

とりあえずまだ高齢一人暮らしができるくらいには元気だけど、

何かあった時に心配という方はこれぐらいのサービスが一番いいでしょう。

 

提携サービスがある住宅に引っ越してもいいですし、

可能な場合はご自宅のままでもサービスを受けることができます。

 

ただまだまだ元気だからと言って、

安心サービスに頼っていたら万が一の時に対応ができません。

 

定期的に受診もしてもらうなどして、体調を把握するようにしてもらいましょう。

・訪問看護

訪問看護を定期的に受ける場合は、

医療スタッフが実際に診てくれるので安心感がありますね。

 

医師の診察も受けることができるので、

体調の変化や入院をするべきかなどの判断も正確です。

 

ただ訪問看護を定期的に受けるとなると、

いつまでも家というわけにはいかず、

いつでも医師の判断に合わせて入院などができる準備はしておいた方がいいでしょう。

 

これらの高齢一人暮らし安心サービスはそれぞれメリットデメリットがあります。

 

それらをしっかり把握して、利用をするようにしてくださいね。

高齢一人暮らし安心サービスのまとめ

高齢一人暮らしの場合は心配なことが多いと思います。

ですので利用できる安心サービスはしっかりと利用した方がいいです。

そして、いくら心配だからと言って高齢のご両親の世話を全て自分でやろうとすると、

正直自分まで疲れてしまいます。

任せるところはプロに任せた上で、安心サービスを利用しましょう。

そうしましたら安心して自分の生活もできるはずですよ。

こちらも読まれています↓↓
介護保険で手すりを購入する方法とおすすめの手すり4選

玄関の踏み台!ニトリや介護保険対応品などおすすめ6選

配食サービスは介護保険が適用できるの?

Advertisement

ライフスタイルカテゴリの最新記事